WORKSHOP

PLAYFOOL Design

2017/04/23(日) 11:00〜17:00

FabCafe MTRL MAP

Intro

誰もが予想もしない出来事が続くいま、デザイナーとして、エンジニアとして、わたしたちにできることはなんだろう?
このワークショップでは、「必ずしも問題を解決する必要はない」。そうではなく、「ちょっとふざけた、プレイフルな方法で、思わず笑みがこぼれてしまうような体験を生みだすこと」に価値を見出すための企み。
Playfool Designとは、文脈にポジティブなひねりを入れること。普段意識することのないもの・ことに新たな視点、新たな意味を与え、ひとが自然と笑顔になる体験に塗り替えること。先にも述べたように、Playfool Designは必ずしも問題を解決するわけではありません。ただし、Playfool Designは、より深いところでひとを突き動かすことができる。思わずやってみたくなる、触ってみたくなる、想像を膨らませてしまうというのが最大の武器。
このワークショップでは、Playfool Designの概念を理解してもらうと共に、プレイフルに物事をデザインするメソッドを複数体験してもらいます。この考え方を参加者それぞれが得意とする分野に応用し、日常生活にも取り入れることで、より楽しく創造的に世界を捉える練習をしてみましょう。

image01

Gameplan

Introduction: An Introduction to Playful Design Methodology
After introducing themselves and explaining the day’s structure, Saki and Dan guide the participants through their approach of playful design and how they apply this mindset to their everyday design practice.

Part 1: Seeing Playfully

Exercise 1: HIDE AND SEEK
私たちの周りには、たくさんの「キャラクター」が隠れています。このエクササイズでは、お目々のシールを使って、会場に溢れるキャラクターたちを可視化させることで、PLAYFULに世界をみることに慣れてもらいます。

Exercise 2: MIND THE GAP
このエクササイズは、特定のカタチからつなげる連想ゲームです。PLAYFOOLカードを用いてまちに繰り出し、全く異なる2つのものを結びつけることで、新たなアイディアの種をみつける練習をしましょう。

image00
Part 2: Creating Playfully

Exercise 1: SAY CHEESE
特定の場所を示すカードを選び、その場所で起きている様々なインタラクションをPLAYFOOLウィンドウをつかって観察します。
あなたはどのくらい多くのインタラクションを見つけることができるでしょうか?

Exercise 2: MIX AND MATCH
このエクササイズでは、フットボールやケンケンパ、マリオなど誰もが知っているゲームの分析することから始めます。SAY CHEESEで観察したインタラクションに、そのゲームのエッセンスを組み合わせることで、PLAYFOOL体験を生み出してみましょう。ここでは、笑顔がこぼれる体験を生み出すまで、実験を繰り返すことがルールです。

image02

Presentations and Debrief:
After a day full of experimentation, participants then present their interventions to the rest of the participants through video, illustrating what worked, what didn’t and more importantly what lessons were learned along the way. This is then followed by a debriefing by Saki and Dan on how to take playful design methodology further beyond the workshop.

Target Audience

Those who have an interest in:

  • Design, Animation, Game or any type of adventure!
  • Design methodology from students from Royal College of Art

Logistics

Date: April 23rd 11:00-17:00
Duration: Single day, 6 hours
Numbers of participants: 15
Language: English
Participation fee: 1,500 yen
(Peatix http://peatix.com/event/253647)

Bio

17901871_1411288998927305_365220616_o
Daniel Coppen ( ダニエル・コッペン ) :

Having received his bachelor’s degree in engineering from Imperial College London, Dan combines technical expertise with creativity during his time studying Global Innovation Design (MA/MSc) at the Royal College of Art and Imperial College London. With a current interest in video games and play, he believes that this interactive medium has a place beyond entertainment and sees great potential for its application within design. With this mindset, his endeavors focus on bridging the realms of video games and gamification together with innovation design and creative problem solving.

Imperial College London機械工学科卒業後、Royal College of ArtのMA/MSc Global Innovation Design所属。ビデオゲームや遊びにおけるエンターテイメントを超えた領域の可能性に着目し、それらのデザインへの応用を模索。

 

17836669_1411289002260638_512191620_o

Saki Maruyama ( 丸山 紗季 ) :
Saki is a London based experimentalist. Having received her BA in Law from Keio University in Tokyo and an MSc in Urban Planning from Bartlett School of Planning (UCL) in London, Saki is currently expanding her skills to design, studying Innovation Design Engineering (MA/MSc) at the Royal College of Art and Imperial College London. For her, design is a common language regardless of ages, cultures and social classes. With this philosophy, her aim is to activate people’s creativity by challenging existing stereotypical values through playful intervention.

慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、英国UCLのBartlett School of Planningにて都市計画修士号を取得。現在はRoyal College of ArtのMA/MSc Innovation Design Engineering所属。デザインを文化や社会的階級を超えた共通言語と捉え、既存の価値観への問題提起・再構成に関心を持つ。

INFORMATION

PLAYFOOL Design

日 時 2017/04/23(日) 11:00〜17:00
場 所 FabCafe MTRL
参加費 1,500円 
定 員 15名
FabCafe MTRL
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F