EVENT

Grasshopper Essentials, May 2017 パラメトリックモデリングの最強ツール、Grasshopperをはじめよう!

2017/05/11(木) ~2017/06/03(土)

FabCafe MTRL MAP

Grasshopperでパラメトリックデザインをはじめよう!

パラメトリックデザインとはモデリングの手法の一種。
ある形をそのままモデリングするのではなく、ある形を作り上げる”ルール”を作ることで、より柔軟で強力なモデリングを実現する方法です。特に数学的に定義された幾何学的な形状や複雑な形、膨大なモデリングのパーツを管理するなど、これまでのモデリングでは不可能であった形を取り扱うことができます。

“コンピュータを用いたデザインとデジタルファブリケーションといった技術が、データ情報を通じてデザインと製造の現場をシームレスに繋げた。その多大な影響により、現存する規格から形が解放された。そしてデザインが、規格化された部材から選択して組み立てる作業から、統合的な構築物として再考する自由を獲得したのだ。製造過程での機械的な制約とデザイン過程の幾何学生成を、コンピュータを用いて解析する直接的なフィードバックを可能にした。そのことで、デザイナーと技術者、製造者という職能の区別を曖昧にし、デザインの目的を達成するためのデジタルな道具作りを多方面の専門家が協力して試作することとなった。”

(Parametric Design with Grasshopper 建築/プロダクトのための、Grasshopperクックブックより引用)

1

Grasshopperとは?

Grasshopper(グラスホッパー)とは汎用3Dモデリングソフトウェア、Rhinoceros(ライノセラス)のプラグイン。
「コンポーネント」と呼ばれる様々な機能を内包した回路のようなものを、積み木やレゴを遊ぶように繋げていくことでモデリングを進めます。視覚的に機能を繋ぎ合わせてプログラムを作ってゆくことで、プログラミング初心者の人でもはじめやすく、比較的簡単に扱うことができます。

ss_1

カリキュラム

クラスA 『イントロダクション』

2 3

クラスAでは、Grasshopperを全く触ったことがない方を前提に、Grasshopperの概念やインターフェースを扱い、クラス後半では実際に簡単な形状生成を行います。
クラスAのカバー範囲(予定) :インターフェース、データのインプットとコンポーネント、スライダー、ジオメトリの種類、plane, vector, アトラクターなど

 

クラスB 『リストとデータツリー』

4

クラスBでは、Grasshopperを理解する上で非常に重要なデータ構造(データツリー)の概念を扱います。Grasshopperから脱落する原因になりやすいデータツリーを、チュートリアルを通じて徹底的に取り上げます。
クラスBのカバー範囲(予定) :リストとデータツリー、NURBSの理解、random、マッピングなど

 

クラスC 『複雑なパラメトリックモデリング』

5

クラスCでは、中級以上の本格的なパラメトリックモデリングを扱います。特にサインやgraph mapperなどを用いた数学的な形状生成にチャレンジします。
クラスCのカバー範囲(予定) :サインサーフェース、divide srf, evaluate srf, orient, dispatch, graph mapper, remap

 

クラスD 『メッシュを用いたパラメトリックモデリング』

6

クラスDではGrasshopperのプラグインであるKangarooやWeaver birdを用いて、メッシュを利用したモデリングや物理シュミレーションを扱います。
クラスDのカバー範囲(予定) : kangaroo, weaver bird

 

クラスE 『再帰的モデリング』

ss_2

クラスEでは、Anemoneを用いたよりプログラミング要素の強い再帰的なモデリングにチャレンジします。Grasshopperの真価である、より分野横断的なモデリングにチャレンジしましょう!

クラスEのカバー範囲(予定) :Anemone, Octpus, ループ

※画像・動画はイメージです。実際のカリキュラムとは異なる場合があります。

 

『Parametric Design with Grasshopper 建築/プロダクトのための、Grasshopperクックブック』について

7

本講座では『Parametric Design with Grasshopper 建築/プロダクトのための、Grasshopperクックブック』に紹介されているチュートリアルも扱いますので、手元にあるとより理解が深まります。ぜひご購入の上ご参加下さい。(講座では本にない独自のチュートリアルも行います。)

 

これまでの教室の様子

8

9

10

日程
5/11(木) 19:00~21:00 クラスA
5/13(土) 19:00~21:00 クラスA (5/11と内容は同じです)
5/20(土) 14:00~16:00 クラスB
5/20(土) 17:00~19:00 クラスC
6/3(土) 14:00~16:00 クラスD
6/3(土) 17:00~19:00 クラスE
各回の定員は25名までとなります。
定員を上回る場合は先着順となります。

参加費用
クラスA, B, C, D, E それぞれの単回受講: 5,000円 / 回
クラスA~E 連続受講: 20,000円

☆学生割引アリ!FabCafe Student Boot Campに申し込みを行い、当日学生証の提示で受講料が半額となります!

bc

FabCafe/MTRLは、未来をつくる学生を支援するプログラム「FabCafe Student Boot Camp」をスタートします。当プログラムは、あらゆる大学・専門学校の学生がFabCafeのものづくりコミュニティやプロジェクトに自由に参加し、様々なスキルや知識を得ながら、企画やクリエイターとのつながりを生むことを支援します。
https://mtrl.net/blog/student-boot-camp/

学生割引を希望する場合は、上記リンクの申し込みフォームよりFabCafe Student Boot Campにご登録ください。

 

参加条件

  • Rhinocerosの基本的な操作を理解している方
    (教室内でRhinoceros単体で操作する事は稀ですので、ごく基本的な操作を理解していればご参加いただけます。)
  • Rhinoceros, Grasshopperなどのソフトウェアやデジタルファブリケーションに興味があり、今後も継続的に実践を繰り返していける方
  • Windows版のRhinoceros 5 および 最新版のGrasshopperが動作可能なノートPCを持参することのできる方**GrasshopperはMac版でもリリースされましたが、Grasshopperのプラグインには対応していないものが多く、動作が不安定な場合があることが報告されています。クラスC, Dの内容では動作しない可能性が高く、特にクラスEの内容はWindows版Grasshopperでのみ動作します。

 

持ち物

  • Windows版のRhinoceros 5 および 最新版のGrasshopperがインストールされたノートPC
  • マウス
  • Parametric Design with Grasshopper 建築/プロダクトのための、Grasshopperクックブック
  • 学生証 (学生割引でお申し込みの場合)

 

講師紹介

a
Yuko Ishizu
2009年に神戸大学工学部建築学設計専攻で大賞を受賞し卒業。同大学大学院進学中にワシントン大学へ交換留学を得て修士号を取得した後、2012年からスイス政府奨学生としてスイス連邦工科大学のCAAD(Computer Aided Architectural Design)のコースを修了。2014年に堀川淳一郎と共にデザインユニットOrange Jelliesを結成。コンピュテーショナルデザインを軸に、プログラミングを用いたジオメトリデザインエンジニア、建築事務所や建設会社の3D形状デザイン、3D形状検証補佐として、フリーランスで活動中。

b

Junichiro Horikawa
建築系プログラマー。1984年生まれ。東京出身。明治大学大学院建築学修了。コロンビア大学AAD修了。Noiz Architectsに4年間在籍の後独立。在籍中東京芸術大学や東京大学にて非常勤講師としてGrasshopper等を教える。現在はOrange Jelliesとして建築・プロダクトのアルゴリズミックデザインを中心に、ソフトウェア、ウェブシステム、VR/ARアプリ等の開発を行なっている。

c

Kotarou Tanimichi
東京大学工学部建築学科卒業。現在、東京大学学際情報学府山中俊治研究室においてコンピューテーショナルな生成手法を用いたジェネラティブデザイン・マテリアライジングの研究を行っている。

d

Daiki Kanaoka
FabCafe Tokyo, ファブリケーションエンジニア。
英国マンチェスター大学で建築を学び、一時日本に帰国。2012年3月よりオープン直後のFabCafeに参加。
FabCafeで勤務する傍ら、2014年3月までnoiz architectsに在籍。コンピューテーショナルデザインや各種デジタルファブリケーションのマシンの操作、3Dモデリングを得意とする。

 

こんな人にオススメ

・3Dモデリングに興味がある
・Grasshopperを初めてみたい!
・Grasshopperをつかいこなしたい!
・プロダクトデザインや建築に興味がある
・コンピューテーショナルデザインやアルゴリズミックデザインが気になる

INFORMATION

Grasshopper Essentials, May 2017 パラメトリックモデリングの最強ツール、Grasshopperをはじめよう!

日 時 2017/05/11(木)~2017/06/03(土)
場 所 FabCafe MTRL
参加費 5,000円 *受講料については詳細をご覧ください。学生割引あり。
定 員 25名
FabCafe MTRL
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F