WORKSHOP

BioClub × Lifepatch Special Workshop インドネシアの伝統食品「テンペ」をつくろう

2016/11/15(火) 18:00〜22:00

loftwork COOOP(コープ) MAP

14/30

02_lifepatch_2015_11_orang

現在、NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] で開催中の展示「アジアのメディアコンシャス」(共催:国際交流基金アジアセンター)に関連し、インドネシア・ジョグジャカルタより来日中のLifepatchによるワークショップを開催します。
Lifepatchは2012年にジョグジャカルタで結成された、科学者、プログラマー、デザイナー、アーティスト、プロダクション・マネージャー、キュレーターといった多様なメンバーで構成されるアーティスト・コレクティヴです。
デジタル・テクノロジーを駆使して,社会における問題提起としての実践的芸術表現や,次世代の育成といった様々なプロジェクトを自主的に立ちあげるなどの活動を行ない,2014年には,アルス・エレクトロニカ デジタル・コミュニティーズ部門にてオノラリー・メンションを受賞しました。今回、来日を記念して、BioClubとのワークショップを開催します。

bioclub_logo


発酵させてみよう:インドネシアの伝統食品「テンペ」の作り方
テンペは、インドネシアで一般的な、大豆を原料とした発酵食品です。独特な味わいと、動物性食品と同等の豊富なタンパク質を含むことで知られています。テンペは、日本の納豆と近く、大豆が主原料です。違いは製造工程で利用される微生物にあり、納豆がバシラス属の細菌を利用するのに対し、テンペはクモノスカビを利用します。このワークショップでは、アジアの固形発酵技術にDIY的観点からアプローチし、テンペの作り方を一緒に学ぶことを目的とします。基本的には、すべての豆に白カビが完全に定着して固形化するまで、加熱済みの大豆の表面でテンペ菌を培養することになります。
Lifepatchメンバー:ティンビル・ブディアルト、アグン・ゲゲール、ウィスヌ・ワゥイース、ヌル・アクバル・アロファトゥラ

tempeh_making_workshop_bangkok

GoFERMENT: How to make homemade soybean tempeh.
“Tempeh” is a popular soybean based fermented food from Indonesia. It’s well known for the unique taste and  protein rich character comparable to the animal source. “Tempeh” is close to the Japanese “Nato”, uses soybean as the main ingredient. The difference lies on the microorganism involved in the production process, “Nato” uses bacillus bacteria while Tempeh uses Rhizopus Fungi. In this workshop, we will learn together how to produce Tempeh by Do-It-Yourself (DIY) approach of Asian style solid state fermentation technique. Basically, we will grow the Rhizopus sp. on the surface of cooked soybean until all of the beans is fully colonize by the white mold and become solid.
Lifepatch members: Timbil Budiarto, Wisnu Wawies, Agung Geger, Nur Akbar Arofatullah


Lifepatch – citizen initiative in art, science and technology
http://lifepatch.org/

「アジアのメディア・コンシャス」NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
http://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2016/media-conscious-in-asia/

Lifepatchインタビュー「インドネシアのコミュニティ文化とシェアカルチャーの親和性 」
http://jfac.jp/culture/features/asiahundreds014/

————

日時:2016年11月15日(火)18:00〜22:00
場所:Loftwork COOOP 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−22−7 道玄坂ピア10階
参加費:500円(軽食、ドリンクが付きます)
※テンペと一緒に食べると美味しいと思う軽食の持参も歓迎します。
定員:30名
企画:BioClub、Lifepatch
主催:国際交流基金アジアセンター
協力:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

Date and time: November 15, 2016 (Tue) 18: 00-22: 00
Location: Loftwork COOOP
Dogenzaka Pier 10th Floor, 1-22-7 Dogenzaka, Shibuya-ku, Tokyo 150-0043
Participation fee: 500 yen (snacks and drinks are attached)
※ We welcome bringing snacks that you think is delicious when you eat with Tempeh
Capacity: 30 people
Planning: BioClub, Lifepatch
Organized by: The Japan Foundation Asia Center
Cooperation: NTT Inter Communication Center [ICC]

INFORMATION

BioClub × Lifepatch Special Workshop インドネシアの伝統食品「テンペ」をつくろう

日 時 2016/11/15(火) 18:00〜22:00
場 所 loftwork COOOP(コープ)
参加費 500円 (軽食、ドリンクが付きます) ※テンペと一緒に食べると美味しいと思う軽食の持参も歓迎します。
定 員 30名
企 画 企画:BioClub、Lifepatch 主催:国際交流基金アジアセンター 協力:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
14/30
loftwork COOOP(コープ)
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア10F