TALK EVENT

BioClub Meetup vol.5 岩崎秀雄×AKI INOMATA – アートで生命を扱うことについて –

2017/02/04(土) 18:00 - 20:30

FabCafe MTRL MAP

1486166400 1495843200

1600*700
アートで扱われるマテリアルやモチーフは、粘土や紙や木のような一度’死んだ’素材から、リアルタイムな変化を生成することができるコンピューター、予期せぬつながりを生むネットワークへと、素材やモチーフ自体が複雑なシステムを持つようになりました。そして今、人間にとって最大の謎であり解明の対象としている’生命’自体を作品で取り扱うまでになりつつあります。こうした流れのなかで、アーティストたちのマテリアルとモチーフ、あるいはメディアへの執念はバイオテクノロジーの民主化の門をひらこうとする力に少しづつ変わろうとしています。
芸術のなかで生命を扱うことでアーティストが示したいこととは何か。今回、国内外問わずバイオアートの文脈で取り扱われることの多いアーティストのお二人をBioClubにお招きし、芸術作品のなかで生命を扱う行為とその先に作家が見ているものについてをテーマにお話しいただきます。

16251495_1400971849955363_284698570_o“aPrayer まだ見ぬ つくられしものたちの慰霊” (KENPOKU ART 2016)

installation view of KENPOKU ART 2016 撮影木奥恵三Installation view of KENPOKU ART 2016 撮影木奥恵三

開催概要:
日時:2017年2月4日(土)18:00 – 20:30(OPEN17:30、CLOSE 21:00)
場所:Fabcafe MTRL
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1−22−7 道玄坂ピア2階
参加費:無料
定員:50名
登壇者:岩崎秀雄 AKI INOMATA
進行:田中みゆき、石塚千晃(BioClub)

登壇者プロフィール:

16244129_1400957043290177_1672386961_n
岩崎秀雄(いわさき・ひでお)表現者 / 生命科学研究者

metaPhorest主宰,早稲田大学理工学術院教授。科学および芸術の一筋縄ではいかない界面・関係性に興味を持ち,生命をめぐる科学・思想・芸術に関わる表現・研究のプラットフォームmetaPhorestを2007年より運営している。著書に『<生命>とは何だろうか:表現する生物学,思考する芸術』(講談社2013),主な作品にaPrayer(人工細胞の慰霊,茨城県北芸術祭2016),Culturing cut (ICCなど2013),Biogenic Timestamp (アルスエレクトロニカセンター,ICC,2013-)など。バクテリアの生物時計や形態形成などの研究で文部科学大臣表彰若手科学者賞,日本時間生物学会奨励賞など。「細胞を創る」研究会会長(2016年)。ポートレート・撮影:新津保建秀

 

16145709_1309383259136927_1896968474_o
AKI INOMATA アーティスト / 多摩美術大学 非常勤講師 / 早稲田大学嘱託研究員

2008年東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。生き物との恊働作業によって作品制作をおこなう。 主な作品に、3Dプリンタを用いて都市をかたどったヤドカリの殻をつくり実際に引っ越しをさせる「やどかりに『やど』をわたしてみる」、飼犬の毛と作家自身の髪でケープを作ってお互いが着用する「犬の毛を私がまとい、私の髪を犬がまとう」など。
近年参加した主な展覧会に、「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」(2016)、「ECO EXPANDED CITY 」(WRO Art Center、ヴロツワフ、ポーランド、2016)、「エマージェンシーズ!025 『Inter-Nature Communication』AKI INOMATA」(NTT インターコミュニケーション・センター [ICC]、東京、2015)、「第4回 デジタル・ショック -リアルのファクトリ-」(アンスティチュ・フランセ東京、2015) 、「アルスエレクトロニカ」(リンツ、2014)、など。ポートレート・撮影:新津保建秀

 

MT

田中みゆき キュレーター

21_21 DESIGN SIGHT、山口情報芸術センター[YCAM]、日本科学未来館で展覧会やパフォーマンス、書籍や印刷物などの企画に携わる。デザインを装飾や意匠ではなく、社会の課題や物事の仕組みを整理し伝える手法と捉え、カテゴリーにとらわれないアウトプットを展開している。最近は「障害について考えることは世界を新しく捉え直すこと」をテーマに、障害の有無関係なく多様な人々が互いを尊重し生きられる社会に向けて、さまざまな活動を行う。http://miyukitanaka.com/

INFORMATION

BioClub Meetup vol.5 岩崎秀雄×AKI INOMATA – アートで生命を扱うことについて –

日 時 2017/02/04(土) 18:00 - 20:30
OPEN17:30、CLOSE 21:00
場 所 FabCafe MTRL
参加費 無料 
定 員 50名
1486166400 1495843200
FabCafe MTRL
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F