EVENT

COURIER 世界をターゲットにするイノベーター会議 “世界を席巻する日本のイノベーターはいま何を考えているのか?”

2017/03/29(水) 19:00~21:00

FabCafe MTRL MAP

38/40

1490745600 1495843200

“世界を席巻する日本のイノベーターはいま何を考えているのか?”

日本から世界へ。企業の新規事業においても独立系スタートアップにおいても「世界」をターゲットにして、どのようなグローバルな展開を行うかは日本のイノベーターにとっては常に課題です。

このたび、ロフトワークでは世界をターゲットにするイノベーターのためのワークグループとプログラム”COURIER”を発表しました。COURIERでは、世界各地のイノベーション拠点のピッチイベントと連携。SXSWやSLUSHなどの大規模なクリエイティブイベント出展で得られるようなフィードバックやコネクションを世界各地でコンパクトに手にする機会を提供します。

今イベントではCOURIERの発表と、世界をターゲットに活動するイノベーターによるピッチ&ミートアップを行います。VR、ボイスチャット、コミュニケーション、ウェアラブル。幅広い分野の気鋭のイノベーターは世界攻略にどう臨むのか。その知見とチャレンジを共有していただきます。

グローバルを視野に入れたものづくりを行うメーカーやスタートアップ必見のセッションです。

プログラム

18:30 開場

19:00 第1部 COURIERの発表
COURIERについて
FabCafe ネットワークの紹介
Monozukuri Demo Day in NY(4/17-18)の紹介

19:30 第2部 イノベーター会議
– パネラーによる製品プレゼンテーション
– 公開ディスカッション

21:00頃
– ネットワーキングタイム

COURIER、いま始動

COURIER のチーフ・エヴァンジェリストには日本を代表する起業家&チャレンジャー井口尊仁氏が就任。幾度にもわたる世界へのチャレンジと経験を生の声を通して共有していただき、当イベントのホスト役も担います。

170329_courier01
井口尊仁 / Doki Doki, Inc. CEO

日本のモノづくりが世界を席巻したのも今や昔語りになってしまいました。
ロボットやドローン、ウェアラブルなど革新的製品開発だけでなく、ネットワーク化されたテレビやロボット化された自動車など、本来お家芸だった領域でも日本が主導権を握れる舞台はますます限られてきています。

イノベーションは連続ではなく断続である。過去の成功に想いを馳せるより、未来への予感にドキドキワクワクしよう!そういう息吹が日本人の中にないわけではありません。でも、それを世界に届ける旅の道筋が失われて、既に長い時間が経ってしまった。結果、世界に向けてイノベーションを届ける眼光や嗅覚、フットワークやネットワークが衰えてしまったのではないか?COURIERはその渦中に一つの問いかけを投げかけます。

もう一度、世界を見てみないか?

SpaceX が月に人を送り出す時代、シンギュラリティの到来が真面目に検討される時代、日本人が本物のイノベーションを巻き起こせる主役として、もう一度世界を見るための「旅」を仕掛けてみたい。それを今から形にしようと思います。

どんな旅でも、特にそれが冒険旅行であればこそ、必要なのは、そのための地図と宿です。
COURIERとは、日本人が改めて世界にイノベーションを届けるための、新しい地図と宿になろうとしています。
FabCafe の世界ネットワークが、日本人イノベーター達の旅の拠点になる。そこで英気を養い、土地勘を磨いて、有為な人たちとの出会いをもたらし、発表の場となり、世界をイノベートするイノベーター達の旅のターミナルとして、クリエーター同士や、クリエーティブなアイデアやプロダクトとの化学反応の現場になる。

私は、そのCOURIER の水先案内人として、2017年春、旅に出ます。

クーリエ、始まります 〜旅に出るのに理由はないけれど… / @iguchijp on Medium

ゲスト: 世界を席巻するイノベーターたち

170329_courier11

沼倉正吾 (DVERSE Inc. CEO/Founder)
2004年、株式会社ナスカークラフト設立、ゲームソフト開発、クラウド映像配信サービス開発など新規事業の立ち上げに従事。2014年にVRソフトウェア開発を専門としたDVERSE Inc.を米国に設立。様々な企業とのVRに関する共同開発、建築・デザイン向けツール「SYMMETRY(シンメトリー)」の開発を行っている。
DVERSE Inc. | 建築土木不動産業界向けのVR ARソフトウェアの開発・販売

170329_courier13

加藤 直人 (cluster. Founder & CEO)
大阪生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院中退。その後約3年間のひきこもり生活を過ごす。その際出会ったVRデバイスに感銘を受け、「VRのサービスを作る」ということ以外なにも決まっていない状態で、2015年7月に起業。
2016年2月、アバターを用いてVR上で数千人規模のイベントを開催することのできるプラットフォーム「cluster.」αローンチ。IBM BlueHub第二期最優秀賞受賞。
cluster.

170329_courier12

島影 圭佑 (株式会社 OTON GLASS 代表取締役)
1991年生まれ。2013年、首都大学東京在学時、父の失読症をきっかけに、視覚的な文字情報を音声に変換することで「読む」行為をサポートする眼鏡型のデバイス「OTON GLASS」の研究開発を始める。2014年に情報科学芸術大学院大学[IAMAS]に進学し、同年に株式会社 OTON GLASSを設立、代表取締役に就任。現在も、ディスレクシア(難読症、読字障がい)や弱視者の補助をはじめ、外国の街を歩く際など、文字を読むことが困難なさまざまなシーンでの「読む」能力を拡張するデバイスとして、研究開発と事業化を進めている。主な受賞歴に「James Dyson Award 2016 国内3位」「GUGEN 2016 優秀賞」「YouFab Global Creative Awards 2016 グランプリ」。
OTON GLASS

170329_courier14

井口尊仁 (Doki Doki, Inc. CEO)
2009年、拡張現実アプリ「セカイカメラ」を世界中でローンチ。300万ダウンロード超のヒットで米国テッククランチのベストモバイルアプリのファイナリストに選ばれる。2013年、グーグルグラスの有力な対抗馬としてフォーブスはじめ世界中のメディアから評価されるTelepathyを発表する。現在サンフランシスコと京都を拠点に、DOKI DOKI, INC.で活動している。5秒間の声のコミュニケーションアプリ「ベイビー」を皮切りに、新しい地球規模の理解と協力のネットワークを再発明する試みにチャレンジする毎日。
BABY – let’s talk

COURIERとは

COURIERはイノベーションや新規事業をどのように世界に展開するかを考えるオープンなコミュニティとして2017年2月に発足。今後以下のような活動を展開します。

  • 海外でのリアルなクリエイティブシーンでのプレゼンテーション機会の提供
  • 海外でのクリエイティブクラスター、投資家、メディアとのコネクションの提供
  • 日本国内での実践者の経験,Tips, 成功/失敗体験を共有するミートアップの開催

COURIER|株式会社ロフトワーク

170329_courier15

第1回目のプログラムの舞台は、世界のトレンドと消費を代表する都市ニューヨーク。
ニューヨークのクリエイティブ/スタートアップシーンを担う空間と組織である 「NYDesigns」でのワークショップや、WeWork DUMBO でのピッチなどを行う 「Monozukuri Demo Day」の参加をサポートします。

Monozukuri Demo Day in NY on 4/17-18 参加チーム募集中 (現地集合/参加費用不要/お問い合せください)
Monozukuri Demo Day – FabFoundry

INFORMATION

COURIER 世界をターゲットにするイノベーター会議 “世界を席巻する日本のイノベーターはいま何を考えているのか?”

日 時 2017/03/29(水) 19:00~21:00
第1部: 19:00〜 第2部: 19:30〜
場 所 FabCafe MTRL
参加費 無料 
定 員 40名
企 画 ロフトワーク
備 考 好評につき増員しました(3/15)
1490745600 1495843200
38/40
FabCafe MTRL
〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア2F