YOSANO OPEN TEXTILE PROJECT

与謝野発、織物の可能性をみんなで作り考えるプロジェクト

YOSANO OPEN TEXTILE PROJECTは、異業種のクリエイターたちが与謝野町を訪れ、若手織物職人とコラボレーションしながら、丹後ちりめんをはじめとする与謝野の「織り」の技術についてリサーチとプロトタイピング(※)を行うプロジェクトです。
※プロトタイピング…製品やサービスを作る前に早期に完成形に近い試作品を作って、問題点を検証したり精度を高めたりする手法やそのプロセス。

プロジェクトについて

project-yosano03

京都府北部・丹後半島の付け根にある与謝野町は、古くから丹後ちりめんをはじめとする織物産業で栄えた町。土地がもつ伝統と向き合いながら、未来の織物産業の可能性を描くべく、与謝野町民の方々や国内外のクリエイターも巻き込みつつ、みんなでつくり考えることを目指します。

また、そのプロセスをできる限りオープンに開示・共有・議論することで、多くの方に与謝野町に潜在する魅力とものづくりの楽しさを知っていただけることを願っています。

project-yosano02

活動内容

2016年3月末のアウトプットに向け、様々な活動を行っていきます。

  • 与謝野町織物産業の現状リサーチ
  • クリエイターとの与謝野ものづくり探訪ツアー
  • MTRL KYOTOでのクリエイターと職人のアイデアソン
  • MTRL KYOTOでの中間プレゼンテーションイベント
  • 「織」または「加工品」のプロトタイプ提案

プロジェクトの状況はMTRLのWebサイトやFacebookページで随時発信予定です。

project-yosano04

メッセージ

project-yosano07
山添藤真 / 与謝野町町長

与謝野ブランド戦略のコンセプト「みえるまち」では、まちの「個性」を引き出す仕掛けとして「共創」を重視しています。今回のプロジェクトは、次世代の織物業を担う若き織物事業者の皆さんを対象に、それぞれが持つものづくりの力と、これまで直接的に出会うことの少なかったクリエイティブの世界が出会うことにより、誰も考えなかった織物の未来、ものづくりの未来を、共に考え、創出しようとするものです。
伝統は革新の連続で育まれます。織物業の未来を切り拓く一歩としてスタートする本プロジェクトにご期待ください。

project-yosano06
水野大二郎 / 慶応義塾大学環境情報学部准教授・芸術博士(ファッションデザイン)

丹後ちりめんをはじめとして、与謝野町にはたくさんの素敵な文化的資産があります。
これらの文化的資産を有効活用するためには、革新と保護の両方が必要です。歴史や伝統といった文化は常に、「革新と保護」の相反する2つの渦の中で育まれてきましたが、問題は「誰が今、それを決めるのか」です。偉い人、外からきた人「だけ」で決めるような時代はもう終わり、「みんなで」できる限り可能性を探索し、答えをだす過程を共有することがとても大切です。本プロジェクトは、与謝野町のすぐれた文化的資産の利用可能性をできる限りみんなで考える機会を創出するべく、様々な活動にとりくみます。
「みんなで」考え、つくり、答えを模索する。過程と成果、双方を創出する本プロジェクトにぜひご期待ください。

プロジェクトメンバー

■与謝野町織物職人
・20代・30代の若手織物職人

■ディレクター
水野大二郎 / 慶応義塾大学環境情報学部准教授・芸術博士(ファッションデザイン)

■クリエイター
吉行良平 / プロダクトデザイナー
浅野翔 / デザインリサーチャー
高松一理 / ファブディレクター
三重野龍 / グラフィックデザイナー
ほか、さまざまなクリエイターが関わります。

与謝野町について

 与謝野町は平成18年3月、加悦町・岩滝町・野田川町の3 町合併により誕生した町です。
 自然豊かな大江山連峰とその山々を水源とし天橋立を望む阿蘇海へと流れ込む野田川が形成する肥沃な加悦谷平野において、古くから農林業が営まれ、山林の保全が図られるとともに、環境に配慮した自然循環農業に先駆的に取り組み、有機質肥料「京の豆っこ」を使い、「京の豆っこ米」をはじめ、大豆、京野菜の栽培に力を入れてきました。
 冬に降水量の多い日本海側の山陰型気候で「うらにし」と呼ばれる時雨が特徴的で、この地域の気候と風土は絹織物に適しており、中世には「丹後精好」と呼ばれる絹織物が生産され、江戸時代の享保7年には木綿屋六右衛門の協力を受けた山本屋佐兵衛と手米屋小右衛門が京都西陣から持ち帰った技術をもとに「ちりめん」の製織技術の導入と普及に尽力し、「丹後ちりめん」を主力とした織物業と織物に関連する産業は今日まで地域経済を牽引してきました。
 総面積107平方キロメートルの範囲に約23,000人が暮らしており、南北約20キロメートルの間に町並みや集落が連なるというコンパクトなまちです。
 平成26年4月に、当時最年少の町長として山添藤真町長が就任し、「攻める産業振興政策への転換」と「多様性を重視した教育政策の実現」を政策の2本柱として、平成27年度の施政方針を「GROOVEする年」と位置づけ、与謝野町政を推進しています。

活動レポート

織物の現状を理解し可能性を模索する2日間
1月14日・15日、クリエイター3名が与謝野町に向かい、若手織物職人の職場を訪問しながら与謝野織物の現状理解とプロトタイプづくりのヒントを探ってきました。ものづくりの現場の模様とクリエイターと職人の交流の模様をお届けします。
レポートはこちら

160129_yosano-tour001

みんなで考え、話し、作る アイデアソン
大寒波が襲来した1月25日に、みんなで3月末に達成したいアイデアの原石を生み出すアイデアソンを MTRL KYOTOにて開催。今回は若手織物職人とクリエイターに加えて、プロジェクトと丹後の織物の未来に関心を持って来ていただいた一般参加者(サポーター)10名も合流。みんなで考え、話し、作ってみた1日の模様をお届けします。
レポートはこちら

160208_yosano-ideathon04

3チームの実験をみんなで共有する中間報告会
2月27日には 前回のアイデアソンを経た織物職人とクリエイターの混成チームが、Facebookや電話・メールなどの遠隔のコミュニケーションで進めてきた実験活動結果を持ち寄り中間報告会を行いました。
レポートはこちら

160304_yosano-meeting-8


特別展示:YOSANO OPEN ROOM
京都市内のクリエイティブラウンジ MTRL KYOTO にて3月14日〜23日の間、与謝野の「織り」と職人×クリエイターの試行錯誤のプロセスを多くの方に知っていただくための期間限定の特別展示を行いました。
詳細はこちら

160314_yosano-room23


織の可能性を飛躍させるプロトタイプたち
1月から始まったこのプロジェクトの成果がついに形になりました。クリエイターと若手織物職人によるリサーチツアー、アイデアソン、実験、中間ブラッシュアップと、短期間で多様な発散・収束を繰り返し、生み出された最終アウトプットを各チームごとにご紹介します。
レポートはこちら

160325_yosano-prototype-eyecatch

活動のアウトプットはFacebookページでも発信中です。

サポーターズ

プロジェクトに関わってくださった方々といっしょに与謝野町の「織り」について考えます。

supporter-0125-suzuki
元・京の豆っ子米インターン 鈴木さん
「”今までやって来なかったけどできること”に挑戦することに可能性を感じました」

supporter-0125-tani
テキスタイルデザイナー 谷さん
「ぜんぜん無理と思うようなことでもクリエイターが職人さんにぶつけてみてやってみる関係性ができていて楽しみです」

supporter-0125-nakamura
roomie ライター 中村さん
「与謝野の織りが拡張していきそうだなという予感を感じました」

supporter-0125-inoue
繊研新聞 井上さん
「ここからどうなるのかが未知で、そこがまた楽しいと思います」

supporter-0125-fukachi
グラフィックデザイナー 深地さん
「丹後ちりめんのいろんな技法や種類を知ることができて面白かったです」

supporter-0125-odaka
小高さん
「丹後ちりめんをなんとかしたいと思って動いているのでこの取組みも続けて欲しいとおもいました」

supporter-0125-kakefuda
Moonlite Graphics 掛札さん
「元々伝統工芸に関わる仕事もしていたので、与謝野町の織物が産業として人気が出たりニーズが増えるような結果に繋がるといいと思いました。」

supporter-0125-mitani
MITTAN 三谷さん
「普段のものづくりとは違う思考回路で、複数人で考えられたので刺激になりました」

supporter-0125-yuko
YUKOさん
「みなさんしゃべりだすと自分では想像つかないアイデアが出てきてことにびっくりしました」

supporter-0125-harada
与謝野町地域おこし協力隊 原田さん
「今日のことをスタートとしていろんな織手さんとつながりたいです」

supporter-0227-kimoto
水野大二郎研究室 学生 きもとさん
「クリエイターと職人が同じ目線で議論をして同じ目標に向かって意見を交していることが印象的でした。」

supporter-0316-okada
Webエンジニア岡田さん(与謝野町出身)
「地元の同世代の職人が実験にチャレンジして今までとは違う物を感じたり経験したりしているのはよいことだと思います。僕も頑張ろうと思いました。」

BLOG