MATERIALS

/Canvas made in Kurashiki

岡山県倉敷市
  • FabCafe MTRL
  • MTRL KYOTO
  • 工作可能
  • 試用可能

カバンに、まわしに、馬の鞍に。130年の工場で作られる強くて美しい布。

岡山県倉敷市は国産帆布の約7割の生産量を担う一大産地。130年の歴史を持つタケヤリの工場では合糸・糸撚りから製織までの工程を一貫し、1号から11号まで多様な厚さの帆布を製造。一般的になじみのあるバッグやシューズなどのアパレル製品はもちろん、ベルトコンベアー、体育館用マット、ユニフォーム、ソファカバーやカーテンといった幅広い用途に用いられている。

MTRL KYOTO でサンプル提供中

MTRL KYOTO では異なる厚さの1号・3号・6号・8号・10号帆布のサンプルを希望者に提供します。レーザーカッターを使って切断・刻印をした見本も展示しています。また、倉敷の帆布を作って作品やプロトタイピングをご希望される方は店頭でスタッフにお問い合わせください。

kurashiki-hanpu03
kurashiki-hanpu04

kurashiki-hanpu07
kurashiki-hanpu01

HANPU!オカヤマPROJECT

「HANPU! オカヤマ PROJECT ~クリエイターとつくる岡山発の帆布デザイン~」は、倉敷産の帆布をクリエイターの視点から捉え直し、新しい価値を見いだすプロジェクトです。2014年9月から2015年2月にかけて倉敷産帆布製品のデザインプランを募集し、95名のクリエイターから123点の応募を集めました。その後審査によって選ばれた5つのアイデアから帆布を使ったプロトタイプを製作。イオンモール岡山にて展示会を行いました。

http://haremachi.com/hanpu/