MATERIALS

/Black Bizen ware

岡山県和気町
  • MTRL KYOTO

明暗や乾湿の状態によってさまざまに表情が変わる新しい備前焼の形

備前の土を釉薬を使わずに高温で焼成する備前焼をベースに、顔料を合わせることで生まれた漆黒の陶器。備前焼の特徴である焼き模様に加えて、微細な光加減・湿り具合によるコントラストの変化が、独自の質感を生み出します。不均質・唯一無二を良しとする「芸術作品としての備前焼」から、均質で再現性のある「製品素材としての備前焼」の新たな用途への対応を目指しています。

トークイベントと体験展示会のお知らせ

170820_bizen00

黒備前の取扱いを記念して岡山から陶芸家の内田和彦さんとプロデューサーの高橋真一さんを招いて行うトークセッションと、 「黒(コク)」シリーズのコンセプトとなった谷崎潤一郎の小説・陰翳礼讃に倣って、暗闇の中で黒備前を五感で体験する体験展示会を8/20(日)に行います。

伝統のものづくりを時代に合わせてアップデートする、今始まったばかりのチャレンジに興味がある、応援していただける方のお越しをお待ちしております。

黒備前・素材としての陶器のかたち | MTRL KYOTO(マテリアル京都)