WORKSHOP

Playfool Design Workshop Seeing and creating playfully to provoke imagination and delight

2017/09/16(土) 11:00〜17:45

MTRL KYOTO MAP

18/25

*お知らせ* 定員を20名 → 25名に増員しました。(2017.9.5 11:00)

Playfool Design = 文脈にポジティブなひねりを入れる

誰もが予想もしない出来事が続くいま、デザイナーとして、エンジニアとして、わたしたちにできることはなんだろう?

このワークショップでは、「必ずしも問題を解決する必要はない」。そうではなく、「ちょっとふざけた、プレイフルな方法で、思わず笑みがこぼれてしまうような体験を生みだすこと」に価値を見出すための企み。

Playfool Designとは、文脈にポジティブなひねりを入れること。普段意識することのないもの・ことに新たな視点、新たな意味を与え、ひとが自然と笑顔になる体験に塗り替えること。先にも述べたように、Playfool Designは必ずしも問題を解決するわけではありません。ただし、Playfool Designは、より深いところでひとを突き動かすことができる。思わずやってみたくなる、触ってみたくなる、想像を膨らませてしまうというのが最大の武器。

このワークショップでは、Playfool Designの概念を理解してもらうと共に、プレイフルに物事をデザインするメソッドを複数体験してもらいます。この考え方を参加者それぞれが得意とする分野に応用し、日常生活にも取り入れることで、より楽しく創造的に世界を捉える練習をしてみましょう。

20170916_playfool_d_ws01

タイムテーブル

10:45 〜 開場
11:00 〜 12:00 Exercise 1: IT’S ALIVE
12:00 〜 13:00 Exercise 2: IMERGENATE
13:00 〜 14:00 ランチ休憩(FabCafe Kyotoのベーグルサンド&スペシャルティコーヒーなどドリンク)
14:00 〜 17:45 Exercise 3: GAME & MAKE

Exercise 1: IT’S ALIVE

私たちの周りには、たくさんの「キャラクター」が隠れています。このエクササイズでは、お目々のシールを使って、会場に溢れるキャラクターたちを可視化させることで、PLAYFULに世界をみることに慣れてもらいます。

20170916_playfool_d_ws07

Exercise 2: IMERGENATE!

このエクササイズは、特定のカタチからつなげる連想ゲームです。PLAYFOOLカードを用いてまちに繰り出し、全く異なる2つのものを結びつけることで、新たなアイディアの種をみつける練習をしましょう。

20170916_playfool_d_ws02

Exercise 3: GAME & MAKE!

特定の場所を示すカードを選び、その場所で起きている様々なインタラクションをPLAYFOOLウィンドウをつかって観察します。あなたはどのくらい多くのインタラクションを見つけることができるでしょうか。
20170916_playfool_d_ws03

20170916_playfool_d_ws04

このエクササイズでは、フットボールやケンケンパ、マリオなど誰もが知っているゲームの分析することから始めます。前半で観察したインタラクションに、そのゲームのエッセンスを組み合わせることで、PLAYFOOL体験を生み出してみましょう。ここでは、笑顔がこぼれる体験を生み出すまで、実験を繰り返すことがルールです。

こんな人におすすめ

  • 新しいアイディアの発想方法を学びたい方
  • ゲームが好きな方
  • まちへのインターベンションに興味のある方
  • Royal College of Artに関心のある方


ナビゲーター

Daniel Coppen ( ダニエル・コッペン )

Imperial College London機械工学科卒業後、Royal College of ArtのMA/MSc Global Innovation Design所属。ビデオゲームや遊びにおけるエンターテイメントを超えた領域の可能性に着目し、それらのデザインへの応用を模索。


Saki Maruyama ( 丸山 紗季 )

慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、英国UCLのBartlett School of Planningにて都市計画修士号を取得。現在はRoyal College of ArtのMA/MSc Innovation Design Engineering所属。デザインを文化や社会的階級を超えた共通言語と捉え、既存の価値観への問題提起・再構成に関心を持つ。


INFORMATION

Playfool Design Workshop Seeing and creating playfully to provoke imagination and delight

日 時 2017/09/16(土) 11:00〜17:45
(10:45開場)
場 所 MTRL KYOTO
参加費 2,500円 ランチ付き(FabCafe Kyotoのベーグルサンド&スペシャルティコーヒーなどドリンク)
定 員 25名
企 画 企画:Studio Playfool / 協力:MTRL KYOTO
18/25
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554