EVENT

Fab Meetup Kyoto vol.20 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

2017/10/24(火) 19:00〜21:30

MTRL KYOTO MAP

15/50

Fab Meetup Kyotoとは?

「Fab Meetup Kyoto」は、多種多様なバックグラウンドの人たちが、月に1度、ゆるーくお酒を飲みながら、アイデアやプロジェクトをシェアするMeetupイベント。毎回複数のクリエイターが「つくる」にまつわるショートプレゼンテーションを行います。MTRL KYOTOのオープン以降毎月のレギュラーイベントとして開催され、業界の垣根を超えた人が集まるコミュニティが育ってきました。(過去開催時のプレゼンターはこちらからご覧いただけます。)

ルールはたった一つ、10分でプレゼンテーションすること。スライドを使っても、作品を見せても、体で表現してもOK。また、成果を発表するだけでなく、アイデアを発表して作る仲間を探すなんていうのも大歓迎です。

また、つくりたいもの(必ずしも、物体としての「モノ」である必要はありません)のアイデアがあれば、イベントで出会った人に気軽にシェアしてみましょう。参加者のみんなと楽しく話しているうちに、ヒントがみつかるかもしれません。

プレゼンター

*プレゼンターは随時追加発表いたします。

堀 正文(ケイミュー株式会社 商品企画部 デザイングループ)

2015年、金沢美術工芸大学デザイン科卒
建築マテリアルメーカーのインハウスデザイナーとして新規事業製品の開発やプロモーションに携わる。

SOLIDO

堀 正文

Presentation Theme : 「素材で魅せる」窯業系建材SOLIDOの紹介と伝え方のデザイン
塗装による着色をせず、セメント素材だけが持つ自然な風合いの内装材「SOLIDO」の紹介と、10月に行われたLIVING&DESIGN2017においての最新の展示会の模様をお伝えいたします。

坂口嘉之(株式会社アイティプランツ 代表取締役)

博士(工学) 京都大学
1985年 東洋紡績株式会社入社 東洋紡綜合研究所配属
2001年 デジタルファッション株式会社設立 取締役技術部長
2003年 同社代表取締役社長
2007年 立命館大学特別招聘教授
2011年 株式会社アイティプランツ設立 代表取締役
現在に至る

アイティプランツ

坂口嘉之

Presentation Theme : 電狼 LOBO project
電狼 LOBO projectは、レーザー光線で鹿や猪を追い払う、獣害対策装置です。防護柵を張り巡らすことなく、田畑に侵入してくる害獣を、遠方からレーザーを照射して追い払います。距離が離れた目標物に正確にレーザーを命中させる技術と、暗闇でも害獣を検出する技術が必要です。また、安価な装置でなければなりません。プレゼンでは、試作品をデモします。

LOBI

村上 耕太(LeatherBag&IndigoDye零 合同会社 零-rei-デザイナー)

2009年、京都芸術デザイン専門学校ファッションデザイン科卒。在学中より学んだ絞り染等の染色技法と、家業である皮革製造を組み合わせ、ミニマルをデザインベースにバッグをメインにした各種レザーアイテムを製作。
`


村上 耕太

Presentation Theme : 零-rei-〜革:Materialの創造〜
零-rei-にて製作されている作品や素材を通して、その背景にある革の文化・在り様に迫る。実際に革に触れていただき、薫り・質感・滋味を感じながら肉体言語として革を知覚していただく。

Benjamin Davoult(株式会社クロスエフェクト デザイナー)

フランスで工業デザインの修士を取得後、2010年より京都のクロスエフェクトのプロダクトデザイナーとして活躍。シリコンの真空鋳造や試作品のモデルクリエーターでもあり、プライベートでも自己所有の3Dプリンターでものづくりを行うメイカーでもあります。

Benjamin is an enthusiast maker. Originally from France, he came to Japan in 2010 right after finishing his Master Degree in Industrial Design, and then he was hired by crossEffect to be based in Kyoto. His work is mainly as a Product Designer, but also as a Silicone Mold Designer for Vacuum Casting, and Prototypes/trial models creator. He likes to make things, especially useful new inventions, spending most of his spare time creating devices and machines of all kinds, with his own 3D printer at home.


Presentation Theme : インターアクチーブ手すり/interactive handrail

171024_fmK20_hori_04

171024_fmK20_hori_04

Lightning Talk スピーカー 大歓迎です!

Fab Meetup Kyotoでは、メインの「つくる」に関するプレゼンテーション(10分)に加えて、飛び込み大歓迎のショートプレゼンの枠を設けます。業界の垣根を越えた人がたくさん集まるFab Meetup Kyotoであなたのアイデアを発信してみませんか?

[ライトニングトークの登壇ルール]
・当日飛び込みでも、事前エントリーでも、どちらでもOKです
(ただし枠が埋まってしまった場合は先着を優先とします)
・制限時間は最大3分(もっと短くてもOKです)
・「つくる」に関する内容。PRでもOKです。
・スライド資料は必須ではありません。

事前にエントリーをご希望の方は メールアドレス kyoto.mtrl@loftwork.com まで、タイトルを「Fab Meetup Kyoto vol.7 ライトニングトーク希望」として、「お名前」「ご職業・所属」「プレゼンテーマ」を明記のうえご連絡ください。

Shot On Fab Meetup

MTRL KYOTOでこれまで行われたFab Meetup Kyotoの模様です。

hakaru 12 11_03

09_04 11_01 10

09_03 08 07_02

07_01 05_01 04

03_02 03_01 02_02

過去開催時のプレゼンターはこちらからご覧ください。

プレゼンテーションの間はお酒を飲みながらのコミュニケーションタイム。プレゼンターと話してみたり、他の参加者と交流してみたり、MTRL KYOTO 内を観覧したり、386平米のクリエイティブな空間で自由にお楽しみください。

 

INFORMATION

Fab Meetup Kyoto vol.20 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

日 時 2017/10/24(火) 19:00〜21:30
(18:30 開場)
場 所 MTRL KYOTO
参加費 1,000円 (inc. 1drink)*学割:学生の方は学生証提示で50% OFF
定 員 50名
企 画 MTRL KYOTO
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554