EVENT

Fab Meetup Kyoto vol.17 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

2017/07/26(水) 19:00〜21:30

MTRL KYOTO MAP

21/50

「Fab Meetup」とは?

FabCafe Tokyoで毎月開催され、クリエイティブに関わる人たちの交流・発信の場としていつも大盛況の「Fab Meetup」が京都に上陸。MTRL KYOTOでも、2015年12月より毎月レギュラーイベントとして開催しています。

「Fab Meetup」は、多種多様なバックグラウンドの人たちが、月に1度、ゆるーくお酒を飲みながら、アイデアやプロジェクトをシェアするMeetupイベント。イベントでは、毎回複数のクリエイターが「つくる」にまつわるショートプレゼンテーションを行います。

また、つくりたいもの(必ずしも、物体としての「モノ」である必要はありません)のアイデアがあれば、イベントで出会った人に気軽にシェアしてみましょう。参加者のみんなと楽しく話しているうちに、ヒントがみつかるかもしれません。

ルールはたった一つ、10分でプレゼンテーションすること。スライドを使っても、作品を見せても、体で表現してもOK。また、成果を発表するだけでなく、アイデアを発表して作る仲間を探すなんていうのも大歓迎です。

プレゼンター

*プレゼンターは随時発表いたします。

宮崎 要輔(スポーツ工芸ブランドarucuto代表)

NPO法人京都匠塾理事・NPO法人京北ゆめプロジェクト理事・京都府京の公共人材大賞実行委員・社会起業家コンテストedgeメンター・審査員・京都学生人間力大賞スポーツ文化芸術部門賞受賞。小学4年生よりスポーツ科学、身体論の独学探求に目覚めその中で独自理論とトレーニングをつくるようになる。社会起業家コンテストedgeファイナリストなどをえて学生時代に子どもから高齢者、トップアスリートと全カテゴリーの指導をするスクールを開始。中学野球で指導する選手が補欠から打率7割、中学2年生で100m12.6秒が一ヶ月で11.4秒になるなど従来の常識の枠外の指導を行う。現在は既存のスポーツ界、身体論にはないトレーニングやノウハウを文化身体論としてまとめている。

miyazaki yousuke

Presentation Theme : デスクワーカーのための文化身体論と一本歯下駄

170726_fmu_myzk3

川本 有哉(鞄職人)

京産大の法学部を卒業後、一般企業に就職。「鞄を作りたい」と思い退職。弟子入りした後鞄ブランド「かばんばか」を立ち上げ活動中。

yuya kawamoto

Presentation Theme : 背負い手と作り手がおもしろくなる鞄作り

岩井 美奈(Jas Art*Design/旧Henna Tattoo Jas)

■京都出身。 オーストラリアへワーキングホリデーに行った際、メヘンディ(ヘナタトゥー)と呼ばれるインドのボディペイントを知り、その細やかな線画と、1〜2週間で消える簡易的なファッション性に魅了され、自分自身に描くことから始まり、友人そしてお客様へ描くようになっていく。
現在はヘナタトゥー(茶色)の他にジャグアタトゥー(藍色)、ベールホワイト(白色)など様々なインクを使用し、アクリル絵具を使い物へのペイントも行う。
カフェやイベント、お客様宅へ出張という形で現在活動中。

mina iwai

Presentation Theme : 進化するメイク −消えるタトゥーというアート表現-
北アフリカ、中東、インド、西アジアなど、様々な地域で古来から魔除けのために行われてきたメヘンディ。
砂漠に育つヘナという植物のペーストを用い身体に図柄を描く、ボディアートの一種です。
近年、これが「消えるタトゥー」という形で、アートやメイクの一表現として人気を呼んでいます。植物性染料であるヘナを用いるため肌に優しく、タトゥーのような施術の痛みや永続性はありません。
ネイルアートのように好みとタイミングに合わせて施すことが出来るヘナアートとはどんなものかを紹介します。

井上 景介 / 井上 卓也(京都市総合企画局情報化推進室統計解析担当)


井上 景介


井上 卓也

人口や経済系など各種統計の取りまとめのほか,この春からオープンデータの推進も担当している部署に所属しています。

Presentation Theme : 自治体ホームページを作成する課程で学んだもの/ご利用くださいオープンデータ
 京都市の統計解析担当では利用者の方に分かりやすいデータ公開を目指して,平成26年3月末にホームページの抜本的リニューアルを実施しました。
 作業期間は実質3か月,当初想定していなかった内部での調整事項や様々なトラブルが発生しましたが,チーム一丸となって対処することで得られた成果は,個人で得られるものを遥かに凌駕するものがありました。
 ものづくりを行ううえで大切なデザイン手法,グループの共同性について紹介したいと思います。
 また,昨年には「京都市オープンデータポータル」をオープン。
統計データだけでなく,行政が持っているデータをできる限り公開し,広く二次利用していただこうとするもので,こちらについても簡単にご紹介します。

京都市統計ポータル

京都市統計ポータル

京都市オープンデータポータルサイト「KYOTO OPEN DATA」

京都市オープンデータポータルサイト「KYOTO OPEN DATA」

北澤 雅彦(おこぶ北淸 (きたせ昆布)四代目 店主)

父が亡くなったのを機に昆布屋に舞い戻り。それから、昆布出汁のワークショップ、伏見のお酒とのコラボ、ポップアップ立飲みイベント『月イチ』3年やって、商店街組合解散、移転を機に、おこぶとおだしとおばんざいを提供するお店開店。

masahiko kitase

Presentation Theme : あなたのUMAMI引き出します!昆布屋のしかけるUMAIの利いた関係作り

Lightning Talk スピーカー 大歓迎です!

Fab Meetup Kyotoでは、メインの「つくる」に関するプレゼンテーション(10分)に加えて、飛び込み大歓迎のショートプレゼンの枠を設けます。業界の垣根を越えた人がたくさん集まるFab Meetup Kyotoであなたのアイデアを発信してみませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ライトニングトークの登壇ルール]
・当日飛び込みでも、事前エントリーでも、どちらでもOKです
(ただし枠が埋まってしまった場合は先着を優先とします)
・制限時間は最大3分(もっと短くてもOKです)
・「つくる」に関する内容。PRでもOKです。
・スライド資料は必須ではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事前にエントリーをご希望の方は メールアドレス kyoto.mtrl@loftwork.com まで、タイトルを「Fab Meetup Kyoto vol.7 ライトニングトーク希望」として、「お名前」「ご職業・所属」「プレゼンテーマ」を明記のうえご連絡ください。

Shot On Fab Meetup

MTRL KYOTOでこれまで行われたFab Meetup Kyotoの模様です。

hakaru 12 11_03

09_04 11_01 10

09_03 08 07_02

07_01 05_01 04

03_02 03_01 02_02

過去開催時のプレゼンターはこちらからご覧ください。

プレゼンテーションの間はお酒を飲みながらのコミュニケーションタイム。プレゼンターと話してみたり、他の参加者と交流してみたり、MTRL KYOTO 内を観覧したり、386平米のクリエイティブな空間で自由にお楽しみください。

 

INFORMATION

Fab Meetup Kyoto vol.17 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

日 時 2017/07/26(水) 19:00〜21:30
(18:30 開場)
場 所 MTRL KYOTO
参加費 1,000円 (inc. 1drink)*学割:学生証提示で50% OFF
定 員 50名
21/50
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554