EVENT

SXSW WELCOME PARTY KYOTO 2017 Community Meetup in Kyoto

2017/05/24(水) 19:00〜21:30

MTRL KYOTO MAP

1495584000 1495843200

【満員御礼】 応募多数のため、受付を終了いたしました。たくさんのお申込み、ありがとうございました。(2017.5.18 16:00)

MTRL KYOTOより

毎年3月にアメリカ合衆国テキサス州オースティンで行なわれる、 “MUSIC” “FILM” “INTERACTIVE” を三本柱にした大規模イベントSXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)。このSXSWを主催するSXSW, LLC.が初めて日本で行うミートアップツアーの京都編を、MTRL KYOTOで開催いたします。本イベントページでは、MTRL KYOTOで実施される「SXSW WELCOME PARTY KYOTO 2017」についてご案内しています。他都市での開催内容および申込方法については、ミートアップツアー公式WEBサイトをご覧ください。

SXSW, LLC.より

kyoto_text

日本でも注目され始めたSXSW<サウス・バイ・サウスウェスト>。それを主催するSXSW, LLC.が初めて日本で公式のミートアップツアーを開催します。SXSW, LLCからピーター・ルイスが来日し、福岡・京都・東京・札幌の4都市でSXSWの魅力やSXSW2018への参加についてお話します。インディーズの音楽フェスティバルを由来とするSXSWだけに、各拠点では、音楽、映画、アート、テクノロジー系スタートアップなど業界にとらわれずゲストをお迎えします。

近年SXSW現地では、Music / Film / Interactiveが入り混じる「CONVERGENCE(集合する)」という概念を掲げ、人種、地域、年齢、ジャンル、業界にとらわれず意見交換し、自分の枠から出ようというテーマを打ち出しています。ぜひ、本場オースティンで開催されるSXSWの空気を感じていただけたらと思います。入場料は無料です。

SXSWに参加したいクリエーター、アーティスト、映画関係者、ゲームエンジニア、Makers、スタートアップ、ベンチャー企業、学生…海を越えて世界に挑戦する若いクリエイターや、未来へのビジョンを持つイノベーターに、ぜひSXSWをデビューの場として選んで活用していただきたいです。みなさまお待ちしています!

京都ではMTRL KYOTOと共催で行います。日本の中でも独自の文化を形成する京都では、ものづくりやカルチャーをテーマに、メイカーからアーティストまでのインディーズクリエイターが集まる新スポット MTRL KYOTOで開催することで、ジャンルを越えたSXSW Meet-upを体感していただきます。

タイムテーブル(予定)

18:30 受付開始
19:00 Open / Artist Performance : 糸魚健一 (ex.PsysEx,shrine.jp)
19:30 開始のご挨拶 / 司会自己紹介:小林茂(情報科学芸術大学院大学 [IAMAS]教授 / SXSW2016スピーカー)
19:35 About SXSW / Peter Lewis(通訳付き)
19:50 SXSWのこれまでとこれから / 未来予報株式会社
20:10 Q&A
20:20 Talk 「SXSWとは一体どのようなイベントだったのか?」:堤大樹(アンテナ)小林茂(モデレーター)
20:40 Artist Pitch by アンテナ
21:00 懇親会

アーティストパフォーマンス

糸魚健一 Ken’ichi Itoi (ex.PsysEx,shrine.jp)
kenichi_itoi
PsysEx(サイセクス)名義でポリリズムをテーマにアルバム6作品、12インチ3作品、カセット1作品を発表してきた。
リミックスワーク、コンピレーション参加、別名義での活動等、多数リリースに関わってる。
1997年発足京都発アドバンスドレーベルshrine.jp(シュラインドットジェイピー)を主宰。
2016年ダンスミュージックに特化するレーベルMYTHを発足。
2017年6月shrine.jp20周年記念作品「EXN(エン) / Keniichi Itoi」をリリース。

SXSWスピーカー

Peter Lewis (Senior International Business Development Manager of SXSW, LLC)
prof_peter
テキサス大学オースティン校を卒業し、SXSWに入社。毎年オースティンに7万人以上の革新的なマインドを持った人々や産業界のリーダーを集めるSXSWの中でも、インターナショナルビジネス、マーケティングを統括するマネージャー。

曽我浩太郎(未来予報株式会社 代表取締役/プロジェクトデザイナー)
soga_profile
広告制作会社にてコンテンツ制作から経営企画まで経験。新規事業開発部門で新規事業立ち上げ後退職。2012年よりSXSWに参加し国内での普及のためパートナーとして5年に渡るSXSW分析レポートの発信やブランディング活動を行う。2013年、未来をつくる人の思想(ビジョン)をビジュアルにした「未来予報」を発行。2016年未来予報株式会社設立。

宮川麻衣子(未来予報株式会社 代表取締役/コンテンツストラテジスト)
miyagawa_profile
広告制作会社にてコンテンツ制作から研究開発まで経験。新規事業開発部門で新規事業立ち上げ後退職。2012年よりSXSWに参加し国内での普及のためパートナーとして5年に渡るSXSW分析レポートの発信やブランディング活動を行う。2013年、未来をつくる人の思想(ビジョン)をビジュアルにした「未来予報」を発行。2016年未来予報株式会社設立。

小林茂(情報科学芸術大学院大学 [IAMAS]教授 / SXSW2016スピーカー)
kobayashi_pro
慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科後期博士課程単位取得退学。博士(メディアデザイン学)。1993年より電子楽器メーカーに勤務した後2004年より情報科学芸術大学院大学[IAMAS]。オープンソースハードウェアとデジタルファブリケーションを活用し、多様なスキルや視点、経験を持つ人々が協働してイノベーション創出に挑戦するための方法論や、その過程で生まれる知的財産を扱うのに適切なルールを探求。著書に『Prototyping Lab 第2版』など。SXSWでは、2016年に開催された「SX Create」トラックのセッション「Open-Source and 3D-Printer: Redefining the Human Body」にスピーカとして登壇。

トーク & アーティストピッチ

堤大樹(アンテナ)
tsutsumi logo_antenna_new
自身のバンド経験から関西にメディアがないことを憂い、フリーペーパー”アンテナ”を立ち上げる。その後Webマガジンもスタートさせた”アンテナ”で、京都を中心にカルチャーをひと繋ぎにするべく活動中。現在進行系でアンテナ・株式会社ロフトワーク・バンド活動と三足のわらじを履きこなしている。
最近予定がない日があると不安になる。

アンテナ – 京都のカルチャーを発信するウェブマガジン
レポート : 【SXSW 2017】vol.0 – まとめ

“2017年度、プレスという立場でSXSWに初参加をした。SXSWとは一体どのようなイベントだったのか?約10日の滞在で音楽のショーケースを中心にSXSWの各会場を見て回り、現地で感じたその魅力を共有する。

また様々なデバイスやサービスが既存の価値観を揺るがす中で、まだまだカルチャーには大きな価値があると感じることができた。京都及び日本のカルチャー文化の底上げのためにも、日本国内のマーケットだけでなく、その先の広い市場を目指すことを提唱したい。そこでアーティストの2018年度SXSWへの出演を目標に、アーティストのプレゼン時間を設ける。同時にショーケースを持ちたいスポンサーを募ることで、両者の出会いの場を提供。SXSWへ興味を持つ日本のアーティストや企業が、世界へ進出するきっかけを作りたい。”

INFORMATION

SXSW WELCOME PARTY KYOTO 2017 Community Meetup in Kyoto

日 時 2017/05/24(水) 19:00〜21:30
(受付開始 18:30)
場 所 MTRL KYOTO
参加費 無料 *予約優先制(専用フォームからの予約申込の完了していない方はご入場いただけません。)
定 員 50名
企 画 [主催] SXSW, LLC / 未来予報株式会社  [共催] MTRL KYOTO
備 考 *本イベントは、SXSW, LLCより未来予報株式会社が委託を受けて運営しております。 お問い合わせは、こちらからお願いします。
1495584000 1495843200
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554