EVENT

Fab Meetup Kyoto vol.13 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

2017/02/22(水) 19:00〜21:30

MTRL KYOTO MAP

11/50

「Fab Meetup」とは?

FabCafe Tokyoで毎月開催され、クリエイティブに関わる人たちの交流・発信の場としていつも大盛況の「Fab Meetup」が京都に上陸。MTRL KYOTOでも、2016年12月より毎月レギュラーイベントとして開催しています。

「Fab Meetup」は、多種多様なバックグラウンドの人たちが、月に1度、ゆるーくお酒を飲みながら、アイデアやプロジェクトをシェアするMeetupイベント。イベントでは、毎回複数のクリエイターが「つくる」にまつわるショートプレゼンテーションを行います。

また、つくりたいもの(必ずしも、物体としての「モノ」である必要はありません)のアイデアがあれば、イベントで出会った人に気軽にシェアしてみましょう。参加者のみんなと楽しく話しているうちに、ヒントがみつかるかもしれません。

ルールはたった一つ、10分でプレゼンテーションすること。スライドを使っても、作品を見せても、体で表現してもOK。また、成果を発表するだけでなく、アイデアを発表して作る仲間を探すなんていうのも大歓迎です。

プレゼンター

*プレゼンターは随時発表いたします。

パラボ(中里 洋介・山野 恭稔)

Palabとは、意図せず偶発的に生まれた面白いものを集め、それらを「意識の外側の素材」と仮定し、そこから見えてくる「同時並行上の世界=パラレルワールド」の仮説立てと、その実証実験を行う研究所のようなクリエイティブユニット。
https://palab.tokyo/

palab_logo2_b palab_pro_nakazato palab_pro_yamano

■ Presentation Title : 『Parallel laboratory・(パラボ展)』
MTRL KYOTOで2/19〜26の期間に開催される展示企画『Parallel laboratory・(パラボ展)』について。
今回の展示では、工場などで排出される「意識の外側の素材」に焦点を置き、その実験プロセスや思考の一部を公開する。また、京都近郊で排出される「意識の外側の素材」をモチーフに公開実験を行う。
Parallel laboratory・(パラボ展) -意識の外側の素材

OGP_ali un products_02 OGP_Palallel sketch_02

OGP_Palallel packing world_02 OGP_Palallel cloud_02




奥田 晃輔(株式会社OHArchitecture 代表取締役)

okudakohsuke_profile

1982年滋賀生まれ。大学で建築を学ぶかたわら空間デザインユニット「OHArchitecture」を結成。卒業後、組織系設計事務所・アトリエ系設計事務所を経て、2014年京都にて一級建築士事務所OHArchitectureを開設。2016年~関西学院大学非常勤講師。ありそうでなかった視点や関係性に興味があり、いかにして新しい体験やストーリーを空間に落とし込むかを日々考えている。
http://www.oharchi.com/




山口 隆太 & 圓城 史也

山口 隆太(Toy x ボーズ[トイカケボーズ]創設メンバー/広報担当)
yamaguchi_pro
大学では、宗教の切り口から日本文化を研究。学生のころから有名観光寺院や寺社特別公開企画、プロジェクト等にかかわる。他力本願.netコンテンツ「グチコレ」を経て、若手僧侶たちと仏教系ナゾトキ脱出ゲームプロジェクト「トイカケボーズ」を創設。プロジェクトメンバー唯一の非僧侶である立場から、仏教系コンテンツにおける多様性を担う。また、非僧侶の立場としてプロジェクトの広報を担当し、僧侶や寺院との懸け橋になっている。
・トイカケボーズ: http://toyboze.wixsite.com/home
・他力本願.net: http://tarikihongwan.net/
■ Presentation Title : 「僧侶×ゲームが生み出すもの」

圓城 史也(jiji / 十夜フェス)
enjo_pro
大学時代に一人のお坊さんに出会い、アート×仏教フェス「十夜フェス」を始める。それをきっかけにこれからの地域の寺社の在り方に興味を持つようになり、卒業直後に寺社に携わる会社「jiji」をつくる。寺社での企業研修やイベントの企画、お寺に泊まれるサービスづくりを模索中。
■ Presentation Title :「アート×仏教の可能性」
…十夜フェスの活動をしていく中で感じたデジタルアートやインタラクティブアートの可能性をお話します。また、それらを脈々と受け継がれてきたお寺の行事と掛け合わせることを目指す実験的なプロジェクトを創ることに興味のあるクリエイターを探しています。
enjo_1 enjo_2 enjo_3



三浦耀山(仏師・三浦仏像彫刻所代表)

miura_promiura_1miura_2

1973年埼玉県生まれ。大学卒業後一般企業に就職も25歳のとき仏像好きが高じて仏師の道に入る。以後滋賀の山奥で師匠のもと13年間修業をし2016年独立。京都市上京区に三浦仏像彫刻所を設立。普段は伝統に則って、新しく仏像を作ったり古い仏像を修復したりしているが、この伝統的技法を今の技術と組み合わせて面白いことができないか日々模索している。
・三浦仏像彫刻所 youzanmiura.com
■ Presentation Title :「これからの仏像とこれからの仏師」
…仏像制作が盛んだった時代、仏像は当時の先端技術の集合体でした。では、今の技術やモノと仏像を組み合わせたらもっと面白いことができないか、、、そんなお話をしたいと思います。

MTRL KYOTOより
三浦さんは、2/19(日)より開催される「Design Week Kyoto 2017」でもオープンファクトリーを実施されます。
http://www.designweek-kyoto.com/jp/store/detail/?id=6

Shot On Fab Meetup

MTRL KYOTOでこれまで行われたFab Meetup Kyotoの模様です。

fmk3_1 fmk4_2 fmk4_3

fmk4_4 fmk4_6 fmk4_8

fmk4_9 fmk5_2 fmk5_3

fmk5_6 fmk6_5 fmk6_6

fmk6_7 fmk6_8 fmk6_9

過去開催時のプレゼンターはこちらからご覧ください。
Fab Meetup Kyoto vol.1
Fab Meetup Kyoto vol.2
Fab Meetup Kyoto vol.3
Fab Meetup Kyoto vol.4
Fab Meetup Kyoto vol.5
Fab Meetup Kyoto vol.6
Fab Meetup Kyoto vol.7
“はかる”セッション – Fab Meetup Kyoto 特別編
Fab Meetup Kyoto vol.8
Fab Meetup Kyoto vol.9
Fab Meetup Kyoto vol.10
Ogaki Mini Maker Faire Special – Fab Meetup Kyoto 特別編
Fab Meetup Kyoto vol.11
Fab Meetup Kyoto vol.12
プレゼンテーションの間はお酒を飲みながらのコミュニケーションタイム。プレゼンターと話してみたり、他の参加者と交流してみたり、MTRL KYOTO 内を観覧したり、386平米のクリエイティブな空間で自由にお楽しみください。

 

INFORMATION

Fab Meetup Kyoto vol.13 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

日 時 2017/02/22(水) 19:00〜21:30
(開場 18:30)
場 所 MTRL KYOTO
参加費 1,000円 (inc. 1drink)*学割:学生証提示で50% OFF
定 員 50名
企 画 MTRL KYOTO
11/50
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554