EVENT

Fab Meetup Kyoto vol.9 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

2016/09/28(水)

MTRL KYOTO MAP

27/50

 

「Fab Meetup」とは?

FabCafe Tokyoで毎月開催され、クリエイティブに関わる人たちの交流・発信の場としていつも大盛況の「Fab Meetup」が京都に上陸。MTRL KYOTOでも、毎月レギュラーイベントとして開催しています。

「Fab Meetup」は、多種多様なバックグラウンドの人たちが、月に1度、ゆるーくお酒を飲みながら、アイデアやプロジェクトをシェアするMeetupイベント。イベントでは、毎回複数のクリエイターが「つくる」にまつわるショートプレゼンテーションを行います。

また、つくりたいもの(必ずしも、物体としての「モノ」である必要はありません)のアイデアがあれば、イベントで出会った人に気軽にシェアしてみましょう。参加者のみんなと楽しく話しているうちに、ヒントがみつかるかもしれません。

ルールはたった一つ、10分でプレゼンテーションすること。スライドを使っても、作品を見せても、体で表現してもOK。また、成果を発表するだけでなく、アイデアを発表して作る仲間を探すなんていうのも大歓迎です。

*プレゼンターは随時発表いたします。

プレゼンター


飯尾 英晃

Presentation Theme : 「元経理屋が挑むものづくり。自分が欲しいロボットを生み出す。」

pro_iio
飯尾 英晃
1984年生まれ静岡県出身。経済学部卒業後はメーカーで7年間経理職に従事。心機一転、2016年4月に株式会社UTSUWAを設立し、経営者兼エンジニアとして打楽器自動演奏ロボットを開発中。

九里 法生(デザイナー/ソムリエ) ・ 福井 毅(清酒 萩乃露 醸造元)

Presentation Theme : 「台風被害から生まれた日本酒 ー何を表現するのか。いかに関係を作るのか。ー」
profile1_1000px
” クリエイティブディレクター、グラフィックデザイナー、ソムリエの九里法生。260 年以上、奇をてらわずに近江高島の情景を日本酒に映し続けてきた地酒「萩乃露」の蔵元 福井毅。九里がネーミングとラベルデザインを担当した萩乃露「雨垂れ石を穿つ」が生まれるまでの軌跡を、発売直前のこのお酒を飲みながら聞いていただきたいと思います。”

九里 法生(Hulynique Design)
profile_kunori
クリエイティブディレクター、グラフィックデザイナー、JSA 認定ソムリエ。Hulynique Design(ヒュリニークデザイン)名義で、多業種多領域のデザインや商品・サービス開発を手掛ける。

福井 毅(福井弥平商店)
profile_fukui
清酒 萩乃露 醸造元 代表取締役社長。情景の見える酒造りをめざし、日本酒の多様な喜びや驚きを飲み手に提供。地域に根差した酒造りに取り組んでいる。
www.haginotsuyu.co.jp

竹山 隼矢(株式会社idea spot 代表)

Presentation Theme : 第三の教育機関をつくる ー“夢中になれること”を見つけるために必要な「ヒト」「モノ」「コト」

takeyama2 takeyama1

takeyama3 takeyama4

“自分が何に興味があるのかは意外と分からないものです。夢中になれることを見つけるために必要な要素は三つ。相性の良いヒト(先生)・好奇心を掻き立てるモノ(教具)・衝撃的なコト(授業)です。今回は主に「モノ」に関してお話させて頂きます。電動知育ブロック『IQKEY』とオンライン英会話システム『OLECO』をご紹介します。”

竹山 隼矢
takeyama_pro
首都圏最大規模の学習塾で教務トップチーム(中学入試御三家対策コース)に最年少担当として所属。指導校舎の第一志望校合格率は90%を超える。2016年6月17日に株式会社idea spot(イデアスポット)を設立。10月1日にプレオープンを迎える。

Connor Kirk(MTRL KYOTO FABディレクター / アーティスト / デザイナー)

Presentation Theme : 「デジタルファブリケーションを用いたアート作品 ー 個展『サバイバル・ブランケット』」

survival-blanket-1-web-1

“MTRL KYOTOのFABディレクターであり、アーティスト&デザイナーでもあるカーク コナー。1988年、アメリカのジョージア州生まれ。サバンナ芸術大学の版画学科を学んだ後、2012年から京都に移住し、そして今年のニュイブランシュアートフェスティバル連携で、ARTZONEギャラリーにてカークの初個展「サバイバル・ブランケット」を開催します。デジタルファブリケーションを生かす作品がたくさん発表されるので、その作品をどのプロセスで作ってきた話をします。”

上田 京子・上田 奈津子(金彩家)

presentation Theme : 「見て・聞いて・知ってもらって新たな金彩」

ueda1 ueda3ueda2

上田 京子
pro_ueda_kyoko
1957年 京都生まれ
1977年頃から友禅・色彩加工・金彩加工を始める。
約25年の職人歴を経て、2014年独立。
現在の主な仕事内容。
・着物の再加工
(染み直し 色直し 柄足し その他加工)
・デザイン
・オーダーメイド
『着物で出掛けて晴れやかな気持ちになる』そんな人が増えて欲しいと願い日々着物と向き合っております。

上田 奈津子
pro_ueda_natsuko
1980年京都生まれ。前職は、某老舗アパレルメーカー勤務。『洋服のようにもっと楽しく新しい着物』『女性が美しく見える装い』を求め、金彩家の母と2014年自宅に工房を構え職人となる。着物を着ない方にも金彩に触れる機会ができるよう、柄や素材、人を選ばない物作りを心掛けております。

Lightning Talk スピーカー 大歓迎です!

Fab Meetup Kyotoでは、メインの「つくる」に関するプレゼンテーション(10分)に加えて、飛び込み大歓迎のショートプレゼンの枠を設けます。業界の垣根を越えた人がたくさん集まるFab Meetup Kyotoであなたのアイデアを発信してみませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ライトニングトークの登壇ルール]
・当日飛び込みでも、事前エントリーでも、どちらでもOKです
(ただし枠が埋まってしまった場合は先着を優先とします)
・制限時間は最大3分(もっと短くてもOKです)
・「つくる」に関する内容。PRでもOKです。
・スライド資料は必須ではありません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事前にエントリーをご希望の方は メールアドレス kyoto.mtrl@loftwork.com まで、タイトルを「Fab Meetup Kyoto vol.7 ライトニングトーク希望」として、「お名前」「ご職業・所属」「プレゼンテーマ」を明記のうえご連絡ください。

 

Shot On Fab Meetup

MTRL KYOTOでこれまで行われたFab Meetup Kyotoの模様です。

fmk3_1 fmk4_2 fmk4_3

fmk4_4 fmk4_6 fmk4_8

fmk4_9 fmk5_2 fmk5_3

fmk5_6 fmk6_5 fmk6_6

fmk6_7 fmk6_8 fmk6_9

過去開催時のプレゼンターはこちらからご覧ください。
Fab Meetup Kyoto vol.1
Fab Meetup Kyoto vol.2
Fab Meetup Kyoto vol.3
Fab Meetup Kyoto vol.4
Fab Meetup Kyoto vol.5
Fab Meetup Kyoto vol.6
Fab Meetup Kyoto vol.7
“はかる”セッション – Fab Meetup Kyoto 特別編
Fab Meetup Kyoto vol.8

プレゼンテーションの間はお酒を飲みながらのコミュニケーションタイム。プレゼンターと話してみたり、他の参加者と交流してみたり、MTRL KYOTO 内を観覧したり、386平米のクリエイティブな空間で自由にお楽しみください。
飛び込みプレゼンも大歓迎! 「ぜひFab Meetup Kyotoでプレゼンしたい」という方は、メールにて「お名前」「所属」「プレゼンテーマ」「プレゼン概要」をお知らせください。

 

INFORMATION

Fab Meetup Kyoto vol.9 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

日 時 2016/09/28(水) 
19:00〜21:00(開場 18:30)
場 所 MTRL KYOTO
参加費 1,000円 (inc. 1drink)*学割:学生証提示で50% OFF
定 員 50名
企 画 MTRL KYOTO
27/50
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554