EXHIBITION

【EXHIBITION】書家 上田普 × はがせる塗料「マスキングカラー」 Theme「Drawing」企画 : クリエイターが素材と向き合い、新しい表現の可能性を探る

2016/06/27(月) ~2016/08/31(水)

MTRL KYOTO MAP

2/50

書家 上田普 × はがせる塗料「マスキングカラー」

MTRL KYOTOでは、クリエイターが素材と向き合い、新しい表現の可能性を探る企画を実施しています。
今回は、書家 上田 普 氏 × はがせる塗料「マスキングカラー」による、ライブドローイング。
クリエイターと素材の出会いがあって初めて生まれる作品に、どうぞご期待ください。

bakenokawa1 bakenokawa3
▲ 作品「化けの皮」

 

作品タイトル&コンセプト

「ことのは(言葉)」

ひらがなはそれだけでは意味の持たない表音文字。 それらが集まり形成する事によって言葉に成り意味を持つ。 どんな言葉を紡ぎだし伝え、今を表現するのか。 それを木をモチーフにビジュアル化し表現します。 個々が繋がり新しいモノを生み出していくクリエイティブ。 MTRLのコアコンセプトとも通底する表現です。

完成した作品は、引き続きMTRL KYOTO 1Fラウンジにてご覧いただくことができます。庭に面する窓に書かれた/描かれた作品は、陽光きらめく午前中から闇に溶ける夜まで、時間の経過とともに表情を変えていきます。ぜひご高覧ください。
制作中の様子はこちらから。

作家プロフィール

上田 普 (ウエタヒロシ)
ueta_pro
http://www.uetahiroshi.com
1974年淡路島生。5歳より母親の元で書を学ぶ。四国大学書道コース卒。中国に留学後、北米に渡り、個展やサザビーズNY等に出品。より日本的な美意識を求めて2002年制作の場を京都に移す。以後、線と空間にこだわった書の作品は、時には立体、時にはアクアリウムでと自由な素材で表現を模索し続ける。2005年京都市美術協会より新鋭美術作家に選出。関西を中心に韓国、豪州、ブリガリア、英国等のアートイベントに参加。近年は泉鏡花作、中川学絵の絵本「龍潭譚」、同じく「絵本化鳥」の題字、男前豆腐店、叶匠壽庵、NMB48等のパッケージロゴ、監修等を行う。四国大学書道文化学科非常勤講師

ueta_3
▲ 作品「れんめん」

ueta_2
▲ 作品「青い“く”に分けられた赤」

ueta_4
▲ アートワーク「男前豆腐店 京の石畳」

 

マスキングカラーとは

塗ったあとから「はがせる」水性塗料。

maskingcolor1

従来の塗料の概念を逆転させた、「はがせる」水性塗料。塗った後に、好きな所に自由に塗ったり描いたりしたあとから、はがして描き直す・別の所に貼り直す・描いた所を元通り戻すといったことがかんたんにできる。ガラス面など、しっかりした下地であれば傷める心配もなく塗って/はがしてが可能。

maskingcolor2 maskingcolor3

ミニワークショップ

当日、会場では、作品に用いられる文字と同じデータをレーザーカッターで切り出してグッズとして購入できるミニワークショップも実施します。(1個500円 *3文字まで。4文字以上の場合は1文字ごとに+100円)

ws_1
▲ 透明なアクリル板から、好きな文字の組み合わせを選んでつなげて、レーザーカットします。

ws_2
▲ 紐をつけてアクセサリーにも。

 

こんな人におすすめ

・空間 × ドローイングの新しい可能性に触れてみたい
・「書」の新しい可能性を知りたい
・はがせる塗料マスキングカラーを使ってみたい

協力

太洋塗料株式会社 / マスキングカラー

1605-draw-00

クリエイティブラウンジ MTRL KYOTO(マテリアル京都)では、定期的にものづくりのテーマを決めて、さまざまなイベント・展示・素材・ツールを展開します。
第1回のテーマは 《DRAW 書く・描く》、2016年5月-6月で展開。

INFORMATION

【EXHIBITION】書家 上田普 × はがせる塗料「マスキングカラー」 Theme「Drawing」企画 : クリエイターが素材と向き合い、新しい表現の可能性を探る

日 時 2016/06/27(月)~2016/08/31(水)
MTRL KYOTOの通常営業日時に準じます。
場 所 MTRL KYOTO
参加費 無料 コワーキングスペースの入場料(500円/45分〜)が別途必要となります。
定 員 50名
企 画 MTRL KYOTO
MTRL KYOTO
〒600-8119
京都府京都市下京区本塩竈町554