• REPORT

滞在制作インタビュー:『Kyoto Fabric Creator in Residence Autumn/Winter 2016 × Lianca van der Merwe』

lianca-top

MTRL KYOTOでは、2016年秋〜2017年2月にかけて、”クリエイターが素材と向き合い、新たな表現の可能性を思索/試作する”ことを目的とした短期滞在型レジデンスプログラム 『Kyoto Fabric Creator in Residence Autumn/Winter 2016』を実施しました。第1期となる今回のテーマは、「インターフェースとしてのテキスタイル」

東京で活躍するアーティスト、京都に滞在中の外国人ファッションデザイナー、福岡からチームでやってきたデザイナーチームなど、「布」というテーマワードを切り口に、様々なクリエイターが参加。本記事では、1ヶ月間の滞在期間で、「サイクリングウェアのプロトタイピング」をテーマに制作した、Lianca van der Merwe さんへのインタビューをご紹介します。


クリエイタープロフィール

liancapic4Lianca van der Merwe (Digital Marketing Manager)

I have lived and worked in 4 different countries and have more than a decades worth of experience in both digital media and education. I have always had a passion for fashion, textiles and clothing but was never able to pursue a career in it. My family was very outdoorsy and a I grew up camping, hiking and mountain climbing. In Japan I developed a love for cycling. About a year ago I decided to pursue a dream of making cycling wear more high end and attractive for female cyclist. I recently finished a 6 month course in fashion design and then had the opportunity of working at MTRL to kick start my dream.


滞在制作インタビュー

lianca-1Q. Please tell me about your work! (It can be a slide when Meetup is used)

A. I love cycling but I also like wearing interesting shapes, fabrics, and styles of clothing. I would like to combine my passion for fashion and my love of cycling and the outdoors to create a more high-end fashionable look for women.

lianca-2Q. What kind of expectations (or anxiety) did you participate in the residence?

A. While working at MTRL I was very scared that I wouldn’t be able to deliver interesting or high-quality products.


lianca-3Q. What was your impression of staying at MTRL KYOTO?

A. I love the MTRL working space. It’s very serene and peaceful and the environment inspires me to be creative.



lianca-4Q. How was MTRL KYOTO as a space for manufacturing?

A. MTRL has excellent resources and the staff was always very friendly and helpful. They also had a lot of insight and ideas for future projects.


Q. What materials did you feel most interesting this time?

A. I enjoyed the selection of fabrics, especially the people who were experimenting with new ways to create textiles and new processes for creating textiles.

cir_1

lianca-5Q. How do you want to develop the prototype you created this time in the future?

I just started experimenting so there is still a lot to explore. I am particularly interested in creating textiles with interesting textures that can be used for cycling.

出会った素材、生まれた作品

lianca-6

今回、サイクリングウェアのプロトタイピングにあたって、なかでも特にフィーチャーされた素材は、岡本織物株式会社西陣 金襴。MTRL KYOTOで素材に触れ、探求を進めるなかで出会った西陣織。金銀の糸を用いた豪華絢爛な金襴の織物には、「極楽を表現する布地として生まれた」「薄暗いお寺の本堂の中で金の輝きによりリフレクターとしての役割も果たし、堂内を金銀錦により極楽浄土を表す」という由来があると職人さんからお話を伺い、そこからインスピレーションを受け、作品の実験が始まりました。

nishijin2-535x482西陣織
京都西陣の地で、撚り、染め、図案、織りなど、20をも越える工程を経て完成する、世界に誇る最高級織物「西陣織」。金糸をふんだんに使った豪華絢爛なものから、繊細な文様を絹で表現するものまで様相は様々。そのルーツは遠く古墳時代にまで遡る。伝統と歴史を糧に、新しい可能性を積極的に探求している。MTRL KYOTOでは「特別なマテリアル」のひとつとして、常設し、サンプルを実際に触って体験する機会を設けています。
https://mtrl.net/materials/nishijin-ori/

lianca-9 lianca-10 lianca-11
▲ 後日、Liancaさんと、生地提供でご協力いただいた岡本織物株式会社の岡本さんが交流する機会もできました。ウェアのプロトタイプを見ながらお話したり、新作の織物をプレゼントしていただいたり、の一幕。

Fab Meetup Kyoto でのプレゼンテーション

滞在制作終盤に、Liancaさんは MTRL KYOTOのミートアップイベント「Fab Meetup Kyoto vol.11」で、今回の実験と挑戦についてのプレゼンテーションを行いました。1周年記念のミートアップでは、たくさんの来場者の方達に、クリエイターインレジデンスでの体験について伝えるとともに、交流する時間となりました。

lianca-7 lianca-8

MTRL KYOTOでは、今後もクリエイターと素材が出会い向き合う機会をさまざまな形でつくってゆきます。(text : MTRL KYOTO 木下浩佑)

▶︎ 過去のクリエイターインレジデンスレポートについてはこちらから