• FOOD & DRINK

京都醸造クラフトビールを毎月セレクト -Food of MTRL 番外編

本ブログ「Food of MTRL 番外編」は、MTRL KYOTOのフードメニューを紹介する不定期連載の番外編です。
紹介しているメニューは、MTRL KYOTOで実際に召し上がっていただけます。

Food of MTRL

MTRLでは、素材(マテリアル)と向き合うことで、その魅力や可能性を五感で知る体験を大切にしています。
今回は番外編として、職人が素材と向き合い丹精込めて作られた新メニューをご紹介します。

番外編 京都発、クラフトビール醸造所「京都醸造」

logo_kb

京都醸造“をご存知ですか?
京都は九条の地で育まれるクラフトビールは、京都はもちろん、東京でも人気を博しています。

「日本のビールには何か足りない」
そんな問いと共に、ベルギーやアメリカのクラフトビール製法を探求、それらの良いところを掛け合わせたビールを作り出すのは、国籍を超えた3名の若い起業家たち。
彼らの作るビールには、文化を超え時代を超え、「古きも新しきも生み続ける京都」そのものさえも感じられます。

MTRL KYOTO一周年の2016年12月から発売を開始。

通年販売のビール4種のほかに、季節の限定や、月々の新作を発表し続ける京都醸造。
中でも、記念すべき最初のセレクトは、京都醸造定番ビールの一つ、『一期一会』。
「すべての機会は一生に一度しかないので、ベストを尽くせ」という一期一会の思想は、ビール作りに向かう彼らの姿勢に通ずると、名付けられたビールです。

このビールはベルギーに由来する「セゾン」というスタイルをイメージに作ったもので、ベルギー酵母とアメリカ・ニュージーランド産ホップのアロマの組み合わせに重視したもの。セゾンというのは、昔のベルギーの農場で労働者の喉を潤すために作ったのは始まりだそうだ。弊社には農場も労働者もいないけど、「一期一会」の複雑な香りとドライな口当たりは定番シリーズにピッタリだと思う。

京都醸造 「一期一会」

発売開始の2016年12月は、MTRL KYOTOオープンから1年、この場所でのたくさんの出会いへ感謝の意味を込めて、このビールをセレクトしました。
これ以降は、毎月の「店舗に1樽限定」のビールや、季節の気まぐれなど、数量限定でセレクトして提供中しています。

ビールの入荷情報はMTRL KYOTO FacebookページからCheck!