• EVENT REPORT

マンガソン – 漫画好きクリエイターたちが大いに読み大いに語る!イベントレポート

160502_mangathon-ogp1

さる4/23,24日京都にて初の”マンガソン”が開催されました。

マンガソンとは私たちが慣れ親しんだマンガを共通言語として繰り広げる、ハッカソンにインスパイアされた新たな競技です。また、理解力や発想力や表現力を鍛え競うことができるクリエイティブなワークショップのメソッドでもあります。発起人の連続起業家・井口尊仁さんが、過去に2回行った「マンガ合宿」が原型となり、このたび MTRL KYOTO と共同企画により体系化されパワーアップして帰ってきました。

本邦初公開、そして今後のバージョンアップと続編開催も予定している「マンガソン」。本稿では一般公開されたディベートナイトのイベントの模様を中心にレポートします。

漫画喫茶・MTRLへようこそ

マンガソン2日目となる4/24の15時。一般参加者に向けてMTRL KYOTO が開館しました。フロアの庭側にある本気のマンガコーナーが参加者を歓迎します。これらは全て、今回の選抜プレイヤー達が事前に出されたテーマに沿って持ち寄った「私物マンガ」です。

160502_mangathon8

当マンガソンのテーマは 「突然地球にやってきた宇宙人に人類のことを理解させるためのマンガ」

160502_mangathon-fig1

このテーマへの回答となり得るマンガタイトルたちを8名のプレイヤー達が持参。特設のマンガ棚に展示して主張するところから戦いは既にはじまっていました。

160502_mangathon10

160502_mangathon9

160502_mangathon3

イベントへの一般参加者のみなさんは、17時のイベント開始までここにあるマンガを自由に読むことができます。日曜の昼下がりにスペシャリティコーヒーやビールを片手にマンガを読みふける贅沢な時間・・・!

160502_mangathon4
160502_mangathon5

マンガソン宣言!

17時。ディベートナイトのイベントがいよいよスタート。
先ず最初に発起人によるマンガソン宣言です。

160502_mangathon0

私がマンガソンの起源、漫画合宿の発起人であります。
漫画合宿の初回は10年前の箱根強羅温泉。山奥にありったけの思いを込めて漫画を持ち込み「これを読まずに死ねるか!?」作品を読みあったことが、このマンガソンの発祥です。二回目は2015年の九十九里浜、古民家に集結した強者が語り合ったのは「日常の漫画」でした。日常の描写をテーマに日常マンガの世界を渉猟した漫画旅。
そして、記念すべき第三回はマンガソンと命名され、新たな発想術、創造的アイデアの探索手法として再発見されました。宇宙人向けの人類理解術としての漫画読破を競う旅が、いかなる新発見を我々にもたらすのか?全く予断を許さないスリリングな知的探求の旅が今始まろうとしています。
– 井口尊仁 / DOKI DOKI, INC. C.E.O.、Telepathy (テレパシー) Fellow

それではあらためて、このたびのマンガソン ディベートナイトの設定とルールを説明します。

■テーマとゴール:
「突然地球にやってきた宇宙人に人類のことを理解させるためのマンガ」1作品を決定する

■ルール:
・8人のプレイヤーは持ち寄られたマンガ群の中から自分が推すマンガ作品ひとつを決定
・「人類のピュアな側面を伝えたいチーム(ピュア・性善説陣営)」と「人類のリアルな側面を伝えたいチーム(リアル・性悪説陣営)」に所属
・前半戦は両陣営からひとり5分のディベートバトルを行い勝者4作品を決定
・後半戦は残った4作品についてプレイヤーと一般参加者(オーディエンス)がディスカッションを行い優勝作品を決定
・バトルとディスカッションの勝敗は会場参加者の投票で決定
・ディベートとディスカッションではマンガのコマを大型モニターに投映が可能

160502_mangathon-fig2

実はテーマ以外のルールは当日の15時に固まりました。集まった漫画の種類と量、そしてプレイヤーのキャラクターに応じて柔軟に、ルールを調整できるのもマンガソンのよいところです。

マンガソンに参加したプレイヤーはクリエイティブ関連のさまざまな業種から集まった8名。この日のために京都・東京・サンフランシスコから集まった漫画好きの精鋭たちです。

160502_mangathon-pure
“ピュア陣営” (LtoR)井口さん、小野さん、永尾さん、青野さん

160502_mangathon-real
“リアル陣営”(LtoR)打田さん、管原さん、堤さん、上野さん

2チーム8名による熱いディベートバトルの火蓋がいま、切って落とされました!

前半戦は ピュア陣営vsリアル陣営のディベートバトル

■先鋒戦

ピュア陣営 青野真耶人さん(RISKYBRAND・ディレクター) 『大阪ハムレット』

160502_mangathon11

このマンガには情緒深い大阪人の生き方が凝縮されています。まるでフランス映画みたいで人間のことを知る教科書と成るでしょう。
このマンガを読んだ宇宙人は人類とはシンプルでピュアな生き物だということを知り人類と争うことをやめるでしょう。


リアル陣営 上野友美さん(デザイン事務所マネージャー) 『たそがれたかこ』

160502_mangathon17

このマンガは45歳バツイチの女性が若いバンドマンに憧れる話です。人類とは「油断するとリアルな我に返る生き物である」であり、簡単に我に返らないために素晴らしい音楽や文化があります。宇宙人は豊かな感情を持った人類を知り「オレモニンゲンンイナリタイ」と思うことでしょう。


注目の緒戦のバトルの勝敗は・・・・・

『たそがれたかこ』に軍配!

■次鋒戦

ピュア陣営:永尾純一さん(山椒Studios・ゲームプランナー)『徒然チルドレン』

160502_mangathon20

このマンガはピュアなラブコメ作品です。ラブコメマンガによくある、主人公たちの胸のドキドキに「恋だよ、それは」とツッコみたくなる、第三者の視点(神の視点)。僕はこれを「宇宙(人)からの視点」に置き換えられることを発見しました!宇宙人にはとってもピュアな人間の営みを暖かく見守ってほしい、そんな作品です。


リアル陣営:堤サバヲさん(Amia Calva・バンドマン)『宮本から君へ』

160502_mangathon18

このマンガはサラリーマンの日常を描きながら普遍的な人間の愛に触れることができる作品です。
成功から一転、どん底に落ち込みながらもそこから立ち向かう勇気。
感情を持たないような宇宙人にも「人間ってすごいよね」ということを伝えることができるのです。


ピュアとリアルががっぷり四つに組み合ったこのバトルの行方は・・・

『徒然チルドレン』が勝利!

160502_mangathon13

待望の勝利にピュアチームがハイタッチ!この辺がピュアたる所以ですね(笑)

■副将戦

ピュア陣営:小野友資(YUY BOOKS・本屋店主)
『子供はわかってあげない』

160502_mangathon21

ピュアな日常がとんとんと繰り広げられるこの作品はセリフまわしがシンプル胸がキュンキュンします。僕は昨日この作品を読んでひっそりとトイレで号泣しました。人間としてこういうふうになりたい、こういう人間の姿を知ってもらうのが地球人にとっていいことだと思ったんです。


リアル陣営:管原明子 (マンガ編集者)
『最強伝説黒沢』

160502_mangathon23

このマンガは工事現場で働く45歳の中年黒沢の心の動きを描写した物語です。
「感動などない」「人望がほしい・・・っ」「友達になれるかな」そんな脳内で思った簡単なことすら言えない黒沢。宇宙人には難しい、悲しくもリアルな人間臭さをこのマンガで伝えたいです。


同じ日常を舞台としながらも、とっても爽やかvs圧倒的ドロドロの両極対決・・・っ!

・・・は『最強伝説黒沢』が勝利!

■大将戦

ピュア陣営 井口尊仁 (DOKIDOKI・連続起業家) 
『中2の男子と第六感』

160502_mangathon26

このマンガはいじめられっ子の中2男子が妄想上の女子(師匠)と修行をして強くなる物語です。ここでわたくしは「人類は中2と中2以外で成り立っている」ということを宇宙人に申し上げたいわけです。このシーンで中2男子は「世の中にはこんな素晴らしいことがあったのか」と感動しているのであります。中2とはつまり、人類の半分を占める男性の脳内構造を物語っておるわけです。こんな物語があったのか!カント、ヘーゲル、ショーペンハウエル、シュレディンガーも目じゃない、世界の真理はここに在ります!!


リアル陣営 打田昇太郎 (ラーメンマニア・エンジニア) 『ミスミソウ』

160502_mangathon24

このマンガは田舎の中学校に転校した主人公がいじめによる悲惨のどん底からクラスメイトを巻き込んで破滅していく、僕が用意したマンガの中でも特にどす黒いマンガです。
そして、人間感情の描写が巧みで何回読んでも凹んでしまうマンガです。
これだけ人間の感情を揺さぶらせる、ぐっとくるリアルな作品を、人類の思考回路を調査している宇宙人にぜひ読んで欲しいと思います。


起業家人生を投げ打った大演説 vs マンガソンでプレイヤー全員が読んで衝撃を受けた問題作 の雌雄は・・・・

僅差で『中2の男子と第六感』が勝利!

前半戦の結果、ピュア陣営・リアル陣営は2勝2敗の痛み分けとなりました。

後半戦は 会場を巻き込んだオープンディスカッション!

後半戦は勝ち残った4作品を巡るディスカッション。会場からの質疑を受けてさまざまな主張が激突しました。

160502_mangathon31
160502_mangathon38

会場「井口さんのプレゼンは、もしかして解説がうまいだけでマンガは何でもよいのではないでしょうか?」

井口「それに関しては、マンガ統一場理論がありまして・・・(中略)(ざわざわ)・・・このマンガはロジカルに描いていると思いまして・・・(中略)(笑い)・・ですから、この『中2の男子と第六感』しかない!と強く申し上げたいのです!」

会場「マンガが面白いと言うんじゃなくて井口さんが面白いんじゃないですか?」

井口「そうですね、まずは自分推しですね(キリッ」

160502_mangathon40
160502_mangathon39

会場「面白いマンガは名脇役がかならずいると思うんですが、みなさんの作品の味のある名脇役を教えて下さい」

永尾「(徒然チルドレンから)留学生のパトリシアとの咬み合わない会話が宇宙人との異文化コミュニケーションをよく表しています」

上野「(たそがれたかこから)同じバンドのファンの男子中学生。現実と夢想の世界の橋渡しをする大切な役割を彼が担っています」

井口「あれ、リアル陣営も、けっこうピュアじゃないですか?」

上野「つらいリアルな現実があるこそのピュアなわけです!」

160502_mangathon34
160502_mangathon43

司会「みなさんが推す作品は人間の思考回路や感情の紹介をしようとしている作品ばかりですが理由はありますか?」

永尾「人類史や民俗学をテーマにしたマンガも候補にあったんですが、宇宙人は「今生きているヤツ」のことを知りたいんではないかと思いまして人類と宇宙人の交流が始まった時に役立ちそうな作品を選びました」

青野「ちょっといいですか?中2バイアス理論というものがあります。本来は常識的に、中2濃度が高い人間ほど価値が低いと思われていたバイアスを覆したところにこの作品(『中2男子と第六感』)の意義があるのです。」

井口「そうか!」 会場「そうか?」

司会「ピュア陣営はとてもポジティブで好戦的ですよね」

160502_mangathon35

160502_mangathon37

160502_mangathon36

会場「時間がない宇宙人さんのために、各マンガからひと見開きだけで説明してもらっていいですか?」

160502_mangathon41
160502_mangathon44

永尾「(徒然チルドレンから)『初キスで女の子がむせるシーン』このマンガ4コマなので見開きがこれしかありませんでした(笑) これこそピュアです」

堤「(宮本から君へから)『現実が怖くて夢が見れるかあ』心理を表したリアル派の真骨頂です。それよりディベートで負けたのがホント悔しいです。。」

上野「(たそがれたかこから)『光一くん。生きてる』 人間の持つ”嬉し泣き”という感情、これを宇宙人に伝えたい。」

管原「(最強伝説黒沢から)『男に必要なのは決闘だ』 そうでもしないと他人と分かり合えないリアル。黒沢が最強なわけです。」

160502_mangathon50
160502_mangathon49

司会「最後にご主張があれば!」

上野「音楽には国境がありません。言葉がわからない宇宙人と心を通じ合わせるために『たそがれたかこ』を推薦します」

井口「人類の半分は男性という中2である。それによってあらゆるコミュニケーションが猥屈され、複雑化されるそのプロセスこそに人間のリアリティ、逃げられないドグマがあると申し上げたいのです」

160502_mangathon25
160502_mangathon46

ついに勝利マンガが決定

最後にはどちらがピュアでどちらがリアルかも混沌としながらも大いにエキサイトしたディスカッション。いよいよオーディエンスによる決選投票の時間を迎えました。

その結果「突然地球にやってきた宇宙人に人類のことを理解させるためのマンガ」に選ばれた勝者マンガは・・・

上野さん推薦の 『たそがれたかこ』 に決定!!!

160502_mangathon52
160502_mangathon51

上野さんには、MTRL KYOTO のレーザーカッターでその場で制作された名前とマンガ名入りの盾が授与されました。

『たそがれたかこ』は晴れある第一回マンガソン勝利作品としてMTRL KYOTOに近日中に開設される「クリエイティブ本棚」に盾と一緒に展示されますのでお楽しみに!

160502_mangathon53

これにてマンガソンのすべてのプログラムは終了。

プレイヤーのみなさん、おつかれさまでした。イベントにご参加いただいたオーディエンスのみなさん、ありがとうございました。

マンガソン合宿 in KYOTO の模様

実験的な試みながらも「突然地球にやってきた宇宙人に人類のことを理解させるためのマンガ」1作品が決定して、大盛況のもと終了したマンガソン ディベートナイト。

このためにプレイヤー8名は2週間前から周到な用意をして前日から京都に乗り込みひたすらマンガを読み・語り続けました。この非日常なマンガ漬け体験を通し集中力を極限まで高めていたため、ハイテンションでディベートに臨むことができたのでした。

160502_mangathon61

160502_mangathon67

160502_mangathon66

初日はDOKIDOKI京都オフィスに集合。持ち寄られた「突然地球にやってきた宇宙人に人類のことを理解させるためのマンガ」候補作品は60以上!

ガンダムジ・オリジン / いぬやしき / 百億の昼と千億の夜 / りとるけいおす / 女子攻兵 / 暗殺教室 / 中2男子と第6感 / そんな未来はウソである / 人類ばんざい / 14歳 / 自虐の歌 / ぼくんち / シガテラ / 愛すべき娘たち / かふん昔話 / 不安の種 / 神の左手悪魔の右手 / ねがい / ネムルバカ / 殺し屋イチ / 最強伝説黒沢 / 乙嫁語り / お父さんは心配症 / オッス! トン子ちゃん / アダムとイブ / たそがれたかこ / 岳 / お慕い申し上げます / 俺はまだ本気出してないだけ / みどりのマキバオー / トリガー / テガミバチ / 宗像教授シリーズ / スプリガン / 徒然チルドレン / 死刑執行中脱獄進行中 / 変人偏屈列伝 / 宮本から君へ / 七色いんこ / ハウアーユー? / シグルイ / 諸星大二郎短編 / アイドル地獄変 / 子供はわかってあげない / 少女革命ウテナ / 闇金ウシジマくん / 藤子不二雄A作品 / 校舎裏には天使が埋められている / 日常 / 黄色い本 / 大日本天狗党絵詞 / 砂の城 / G戦場ヘヴンドア / 大阪ハムレット / PINEAPPLE ARMY / 謎の彼女X / ひばりの朝 / レベル1 / へうげもの

ディベートする作品は自分が持ってきた漫画ではなくてもOK。他のプレイヤーが持ってきた漫画にインスパイアされることだってあります。

一同、ひたすらに漫画を読みふけります。

160502_mangathon71

160502_mangathon69

160502_mangathon72

夕食後は第二会場のMTRL KYOTO へ移動して宿泊。

160502_mangathon73

160502_mangathon75

160502_mangathon79

力尽きるまで読む人、早起きして読む人。

160502_mangathon76

160502_mangathon77

160502_mangathon78

翌日曜も、カフェで、鴨川で、ぎりぎりまで読書は続いたのでした。

160502_mangathon64

160502_mangathon65

160502_mangathon62

第1回マンガソン タイムテーブル

■4/23(土)会場:DOKIDOKI京都オフィス
15:00 会場に集合〜マンガ棚作成〜自己紹介
16:00 マンガを読む
20:00 夕食〜マンガを読む
23:00 MTRL KYOTOへ移動 〜マンガを読む〜就寝

■4/24(日)会場:MTRL KYOTO
9:00頃 各自起床〜朝食〜マンガを読む
13:00 昼食 〜マンガを読む
15:00 チーム編成〜ディベート準備〜マンガを読む
17:00 ディベートナイト イベントスタート
 マンガソン宣言
 ディベートバトル
 ディスカッション
 勝利マンガ決定
21:00 イベント終了

マンガソン、再び!

マンガソンは単なるマンガ好きによるレクリエーションではありません。

160502_mangathon63

マンガソンの効能

・思いもかけない漫画との出会い
・新しい漫画の読み方の会得
・漫画を通じた発想法の会得
・漫画を語り合う楽しさの発見と堪能
・漫画との出会いを通じた創造的精神の涵養と活力ゲット

などなど。実は美容とダイエットにもとても良いともされている(!)マンガソン。
次回は何をどう料理しましょうかね!?新たなる勇者たちの参加を心からお待ちしております。

マンガソン発起人 井口尊仁

MTRL KYOTO では、我こそはというマンガ好きクリエイター、マンガソンを盛り上げていただけるパートナーを募集します。また、ワークショップやアイデア創出のトレーニングとしてマンガソンを取り入れてみたいという学校や企業の方がいらっしゃいましたらご連絡ください

以上、今後に向けての前向きな課題とさまざまな可能性が実証された、第一回マンガソンのレポートでした。

マンガソンの次回作にご期待ください!

【イベント】マンガソン – 漫画好きクリエイターがこだわりの一冊を語るディベート合戦