• PAST INFORMATION

YOSANO OPEN TEXTILE PROJECT 展 を3/23まで開催

160314_yosano-room3

異業種のクリエイターたちが与謝野町を訪れ、若手織物職人とコラボレーションしながら、丹後ちりめんをはじめとする与謝野の「織り」の技術についてリサーチとプロトタイピングを行うYOSANO OPEN TEXTILE PROJECT は3月末のゴールに向けて今からがまさに佳境。

MTRL KYOTO では 与謝野の「織り」と職人×クリエイターの試行錯誤のプロセスを多くの方に知っていただくために2階和室を改造して期間限定の特別展示を始めました。

160314_yosano-room29

YOSANO OPEN ROOM
3/14(月)〜23(水)
平日:11〜22時、土曜:11〜19時
※日曜・祝日休
※MTRL KYOTO の基本ご利用(500円/45分)のみでご観覧いただけます

与謝野町からお借りした杼(シャトル)や紋紙や糸車など、丹後ちりめんを作るために不可欠な道具や素材を展示。プロジェクトの進捗として織物工場をめぐったツアーの模様や織物職人とのアイデアソンの動画を上映中。

160314_yosano-room13
160314_yosano-room17

160314_yosano-room21
160314_yosano-room15

160314_yosano-room19

160314_yosano-room18

160314_yosano-room20

また、手織り織機そのものも展示。実際に経糸と緯糸を通しながら手織りを体験することができます。

160314_yosano-room7
160314_yosano-room12

さらに究極の「素材」として生きた蚕20頭も飼育中。間もなくさなぎになってしまう前に元気なカイコさん(与謝野の織物職人さんはこう呼びます)にも会いに来てください。

160314_yosano-room2

160314_yosano-room14

160314_yosano-room4

1階のカウンターでは、丹後ちりめんの生産地である与謝野町オリジナルの有機質肥料「京の豆っこ」を使って栽培された「京の豆っこ米」の塩おむすびと銘酒「与謝娘」を販売中です

yosano_menu
160314_yosano-room28

展示を見学して応援メッセージ(動画)をいただいたサポーターの方には京の豆っ子米の塩おむすびをプレゼントいたします。

160208_yosano-ideathon35

160208_yosano-ideathon36

160208_yosano-ideathon33

YOSANO OPEN TEXTILE PROJECT 展は MTRL KYOTO の営業時間中はいつでも見学可能です。

もちろん展示期間中のイベント、例えば 3/23(水)の FabMeetup に参加いただければ、プレゼンテーションの間のネットワーキングタイムで自由に見学していただくことができます。

Fab Meetup Kyoto Vol.4 – 「つくる」をテーマにした、ネットワーキング&プレゼンテーションイベント

伝統的なものづくりはもちろんクリエイターとのコラボレーションのプロセスにも触れることができる YOSANO OPEN TEXTILE PROJECT 展にぜひお越しください。

160314_yosano-room23

YOSANO OPEN TEXTILE PROJECT